歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW
CAR / FEATURES
2020年12月14日

歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

ドライビングプレジャーの多様さを味わう

獅童「対してM550iは欲張りなクルマですね。スポーティな走りも楽しめて、上質な4ドアセダンの乗り味もある。(ドライビングモードを)スポーツにすると一気にスポーツカーになります。パフォーマンスを求めたら、果てしなく応じてくれそうですね。街乗りでスポーティな走りを求めないときは、コンフォートモードを選ぶ。そうすれば家族を乗せてもクレームが出ないでしょう。一人で乗る時にはスポーティさを求めるけど、ファミリーを乗せるときは静かに乗りたい。そんな人にはM550iがぴったりじゃないですか。M5とどちらを選ぶかは、本当にその人の好みやライフスタイル次第でしょうね」
八木「僕は普段からサーキットを走るんですけれど、M5をドライブしていたら、鈴鹿サーキットのデグナーの立ち上がりとか130Rに入っていく瞬間とか、そんなシーンが頭の中に浮かんできたんです。ああいうハイスピードコーナーを走っても「怖い」ではなく「気持ちよく」アクセルを踏んでいける足まわりやバランス感覚が想像できたので、ぜひ試してみたい気持ちになりました」
獅童「M5と較べるとM550iはやはり乗り味が優しいですね。今まではクルマにスパルタンと上質さを求めると、2台を所有する必要があったけれど、見事に1台で2台分の役割を果たして、欲張りなユーザーの要求に応えてくれます。ゆったりと家族で乗ってよし、一人でスポーティに走りを楽しむもよしと。僕はM550iが欲しいです」
八木「M550iを運転していた時、その余裕感に感銘を受けました。まだまだいけるけれどもギリギリまでいくのではなくて、懐の深さを感じながら、都会の中にスーっと溶け込んでいく気持ちのよさ、上質感がいちばん心に響いてきた部分でした。まだいけるよ、でもゆっくりいっても気持ちいいよ──。そんな自分でリズムを作れるところが、M550iのバランス感を感じたところでした」
M5を語っていたときの、アドレナリンが分泌されたかのような熱っぽさが落ち着いたかのように、M550iに話題が移ると二人とも徐々に穏やかな口調が戻ってきた。MハイパフォーマンスとMパフォーマンスの違いとは、かくもカーガイの男たちを変えてしまうものなのだ。
62 件