渋谷の空き地にアートギャラリーが出現。『TOKYO CRAFT ART BREWING 』|ART
LOUNGE / ART
2019年10月17日

渋谷の空き地にアートギャラリーが出現。『TOKYO CRAFT ART BREWING 』|ART

ART|TOKYO CRAFT ART BREWING

注目の若き才能が出会い混ざり合うストリートギャラリー

渋谷川沿いの空き地にて、アートイベント『TOKYO CRAFT ART BREWING 』が開催。サントリービールの新シリーズ「TOKYO CRAFT」と若手アーティストがコラボレーションし、再開発が進む東京をテーマに制作したアートを展示する。日程は2019年10月18日と19日。2日間限定のスペシャルなイベントだ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

サントリービールが、「カルチャーを醸造する」

再開発が進み、大きく変わろうとしている街、東京・渋谷。渋谷川沿いの空き地に2日間限定でアートイベント『TOKYO CRAFT ART BREWING 』が開催される。

本イベントは、サントリービールが東京生まれのビール「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」のプロモーションの一環として開催するもの。
『TOKYO CRAFT ART BREWING 』は、「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」が、“カルチャーを醸造する”をスローガンに、現代人の感性を刺激すべく、新しいクリエーションに挑戦する若手アーティストたちとコラボレーション。入場無料のストリートギャラリーをオープンする。

参加アーティストは、神戸ビエンナーレ2014 現代陶芸コンペティション準大賞・LOEWE Craft Prize 2019 Finalistにも選出された陶芸アーティストの橋本知成氏をはじめ、活動開始1年余りで「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」・「森、道、市場2019」等数々のフェスに参加し注目を集めるバンド「Black Boboi」のメンバーの小林うてな氏とアートディレクターYOSHIROTTE氏とのユニットYATTも参加。
そのほか音楽クリエイターのtakakahn氏、UNIQLO San Francisco店へ作品提供を行う等グローバルに活躍するネオンアーティストのwaku氏といった次世代を担う新進気鋭のアーティストが顔を揃える。
イベントの舞台となる再開発が進む東京をテーマに作品を選定・制作し、2日間限定で展示される。
また会場では、「TOKYOCRAFT(東京クラフト)〈ペールエール〉350ml缶」が販売される。
秋の夜長に、渋谷の空き地を彩るストリートギャラリーで、「TOKYO CRAFT」片手に感性を刺激するアート鑑賞が楽しめる。

TOKYO CRAFT
「TOKYO CRAFT(東京クラフト)」は、「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」のみで製造された新シリーズ。

東京の地で半世紀に渡って伝統と革新をテーマにビールづくりに挑戦してきたサントリービールが、伝統と革新が融合する街「TOKYO」に愛着と敬意を込めて、新しい道を切り開こうとする全ての人の感性を刺激すべく、つくりあげた。

世界の数あるビアスタイルの中から人気のスタイルを厳選し、日本人の嗜好に合わせた味わいに仕上げている。
TOKYO CRAFT ART BREWING in Shibuya
開催日程|2019年10月18日(金)~19日(土)
開催時間|18日 17:00~22:00/ 19日 13:00~22:00
開催場所|渋谷川沿いの特設会場
東京都渋谷区渋谷3-17-2
入場料|無料
※会場内の販売ドリンクはTOKYOCRAFT(東京クラフト)〈ペールエール〉350ml缶(有料)のみになります。
問い合わせ先

TOKYO CRAFT
https://www.suntory.co.jp/beer/tokyocraft/

                      
Photo Gallery