(後編)VCD 今井寿、Amplifier “今井寿” TEE design F|MEDICOM TOY
DESIGN / FEATURES
2019年10月4日

(後編)VCD 今井寿、Amplifier “今井寿” TEE design F|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

今井寿 インタビュー(後編)

Photographs by ISHII Fumihito|Text by SHINNO Kunihiko|Edit by KAWASE Takuro

──今回の「VCD Amplifier "今井寿"」のヘッド部分は90年代のイメージということで、目の部分を横一文字に黒く塗るペイントをした姿を再現しています。
今井 フィギュアに現在の顔のオーバーマスク(フィギュアに被せられるマスク)が付くので、中は昔の姿にしてみようという遊び心ですね。このメイクは『darker than darkness -style 93-』(93年)というアルバムを出した頃だったと思います。きれいなメイクもいいけど、映画『ブレードランナー』のレプリカントのイメージで“ただ目の周りを黒く塗りました”っていう記号的な感じが面白いなと思って。
──首元のネックレスも今井さんが愛用しているものですね。
今井 BUCK-TICKのグッズとしてシルバーで作ってもらって、ライブの時に付けているものです。メンバー個人のプロデュースものも含め、これまでたくさんグッズを作ってきたんですけれども、やっぱりこんな風にステージで衣装として身につけられるグッズはいいなと思いますね。
──オーバーマスクはこれから最終調整に入るそうですが、今井さんから何かリクエストされたポイントはありますか?
今井 最初のサンプルで眉毛が少しくっきりしすぎていたところを修正してもらったり、目ももうちょっと垂れてたほうがいいんじゃないか、みたいな話はしました。
──よりリアルに再現されるのが楽しみです。しかし、こうして見ると今井さんの髪型も時期ごとに違いますね。

今井 いろんな髪型してますね。20代の頃は色も頻繁に変えていましたけど、最近はツアーのたびに変える程度です。
──その一方で、まったく変わらないメンバーもいらっしゃって。
今井 アニイは一生あの髪型だって言ってますから(笑)。
──Amplifier“今井寿” TEE  design に使用された写真だけでも容姿のバリエーションを楽しむことができます。
今井 自分でも“いつこんな髪型したっけ?”って、結構忘れてます(笑)。design Cの頭の模様はメイクさんがこういうのを描くのが好きな人で、よく頼んで描いてもらってたんです。design Eの一角獣マスクは90年代、バーとかに飾ってあった水牛の頭骨みたいな被り物をライブで使いたいと思ってイメージをざっくり伝えたら、革でこんなすごいマスクを作ってくれたんです(「BUCK-TICK TOUR 1996 CHAOS」「Tour memento mori」などで使用)。
──ファンの方からTシャツの反響は届いてらっしゃいますか?
今井 メールでいろいろ届いてます。今後も続けてほしいみたいな要望も結構ありますね。
──今回のdesign Fも喜んでいただければ幸いです。音楽のお話もぜひ。今春、BUCK-TICKオリジナルアルバムとシングル全タイトルがストリーミングサービスで解禁されました。これから聴く若い方に入門編としてアルバムを3枚選ぶとするなら、どのタイトルをあげられますか?
今井 うーん……難しいですね(笑)。好みにもよりますけど、音楽的に転機となった『狂った太陽』(91年)。それから最新作の『No.0』(18年)。あとは『memento mori』(09年)あたりかな? バンドサウンドが好きな人もいれば、ちょっとエレクトロ入ったのが好きな人もいるだろうし。アルバムごとにガラッと世界観や曲調が変わっているので、それぞれ楽しんでもらえたらいいなと思います。

──世界観といえば、現在放送中のフジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング主題歌として書き下ろした「RONDO」(作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿 シングル「獣たちの夜/RONDO」収録)は意外な顔合わせのようで、音を聴くと見事に両者の世界観が融合した作りになっていました。
今井 そうなんです。話をもらったときは難しいなと思ったんですけど、1分ぐらい考えたら“いや、これはうちらしかできないんじゃないか?”と思って。そこからこういう曲調がいいんじゃないかといったアイデアがどんどん出てきて。あれは本当にやってよかったなと思いました。
──今後の予定として11月20日に今年5月の幕張メッセ公演を収録したBlu-ray&DVD『ロクス・ソルスの獣たち』がリリース。12月には故郷・群馬県高崎芸術劇場 大劇場、愛知県芸術劇場 大ホール、大阪フェスティバルホール、東京・国立代々木競技場第一体育館をまわるツアー「THE DAY IN QUESTION 2019」が開催されます。ライブを楽しんだあとは年明けに「VCD Amplifier "今井寿"」を手に入れていただきたいです。最後になりますが、今後Amplifierと一緒にやってみたいことがあれば教えてください。
今井 またTシャツはやりたいですね。ヒラカワくんと相談して、面白そうなアイデアがあればいろいろ作ってみたいなと思います。先日、メディコム・トイの展示会(7月開催の「MEDICOM TOY EXHIBITION '19」 )に行かせてもらったんですけど、いろいろ見ながら“これいいなぁ、エヴァンゲリオンもいいなぁ”と思って。その会場で月面写真をプリントしたBE@RBRICK(MOON BE@RBRICK)を手に入れたので、仕事部屋のどこに飾ろうか考えているところです。

VCD Amplifier "今井寿"
“奇才レフティ”今井寿がVCD Amplifier アーティストシリーズの第一弾としてフィギュア化。レトロテイストながら、特徴を捉え細部まで忠実に再現。ヘッド部分は90年代のイメージで再現し、着用衣裳は昨年開催されたTOUR No.0-Guernican Moon-を再現。現在の今井寿のオーバーマスクが付属。
プロデュース|ヒラカワレンタロウ
スーパーバイザー| 今井寿(BUCK-TICK)
原型製作|SIO
サイズ|全高約240mm
発売日|2020年1月発売予定
価格|1万円(税別)
取扱店舗|メディコム・トイ直営店舗及びオンラインストア各店、取扱店舗|メディコム・トイ直営各店舗及びオンラインストア各店、他一部店舗
※写真は監修中のサンプルにつき、発売商品とは一部異なる場合があります。

Amplifier “今井寿” TEE design F
昨年大好評を得たシリーズ1に続き、VCD“今井寿”フィギュア発売決定に伴いシリーズ2が登場。使用しているフォトはTOUR No.0-Guernican Moon-からのもので、着用衣装はフィギュアと同じものとなっている。
プロデュース|ヒラカワレンタロウ
スーパーバイザー| 今井寿(BUCK-TICK)
カラー|白、黒2色展開、
サイズ|S~XLの4サイズ展開
Sサイズ:着丈65cm/身幅48cm/肩幅40cm/袖丈20cm
Mサイズ:着丈68cm/身幅50cm/肩幅42cm/袖丈20cm
Lサイズ:着丈71cm/身幅53cm/肩幅44cm/袖丈21cm
XLサイズ:着丈75cm/身幅58cm/肩幅46cm/袖丈22cm
発売日|発売中
価格|6296円(税別)
取扱店舗|メディコム・トイ直営店舗 、メディコム・トイオンラインストア各店 (ZOZOTOWN、楽天市場、Yahoo!ショッピングストア、C.J.MART) 他
発売元・販売元|メディコム・トイ
© BANKER LT.D
問い合わせ先

メディコム・トイ ユーザーサポート
Tel.03-3460-7555

Amplifier オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Amplifier_rock

                      
Photo Gallery