まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota
CAR / IMPRESSION
2019年11月29日

まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

ミニRAX4ともいえるデザインがライズの特徴

もう1台のトヨタ・ライズは、ロッキーよりもワンランク上の「G」グレードで、タイヤが一回り大きな17インチとなるほか、ボディカラーがターコイズブルーとブラックルーフのツートーン仕様になっていた。

ロッキーとの大きな違いは、台形のグリルをもったその顔つき。まさにミニRAV-4といってよく、ひと目でトヨタ車とわかるデザインだ。それ以外の部分、つまりインテリアのデザインや素材、パワートレインについてはロッキーと同じといっていい。

大径の17インチタイヤによる走りはスポーティな方向にきちんと振ってあり、キビキビとした動きを見せてくれる。その対価として発生しがちな乗り心地の悪化は、後席に座っても全く感じられず、上手にチューニングされていることが分かる。

ステアリングのスイッチで作動するアダプティブクルーズコントロールを試してみると、こちらは全車速で追従してくれる本格的なタイプ。完全停止する時は「フットブレーキを使用してください」と警告してくれ、ドライバーが主たる操作役であることを知らせてくれるのもいい。

唯一気になったのは、搭載するディスプレイオーディオが、スマートフォン連携タイプという点。操作に慣れれば使い勝手が良いのだが、お年寄りなどスマホ利用が少ないユーザーには難敵になってしまう懸念があるからだ。

2台とも車高が高い割にはロールが少なく、良好な乗り心地を持っている理由を聞いてみると、前後サスペンションの取り付け位置と、それをつなぐ骨格配置をなるべくスムーズでシンプルな形状にした点にあるという。

そのベースとなるのは、同社の軽自動車「タント」の開発での成果にあり、ロッキーのものはサイズは異なるもののほぼ相似形になっているという。言葉が適切かどうかわからないが、「小は大を兼ねる」というダイハツらしいアイデアで仕上げられたものだ。180万円前後から始まる車両価格も相まって、まさに良品廉価なクルマである。
問い合わせ先

ダイハツ工業お客様コールセンター
Tel.0800-500-0182
https://www.daihatsu.co.jp/

TOYOTAお客様相談センター
Tel.0800-700-7700(9:00-18:00)
https://toyota.jp

33 件
                      
Photo Gallery