まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota
CAR / IMPRESSION
2019年11月29日

まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」に試乗 |Daihatsu / Toyota

Daihatsu Rocky|ダイハツ ロッキー

Toyota Raize|トヨタ ライズ

まさに良品廉価なコンパクトSUV、ダイハツ・ロッキー、トヨタ・ライズ試乗

11月5日にデビューしたばかりのコンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」と、そのOEM版「トヨタ・ライズ」。兄弟車であるこの2台は、ダイハツの新世代のクルマづくりである「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」プラットフォームを採用していて、良品廉価、最小単位を極める、先進技術をみんなのものに、という3つを開発目標にしたという。小型のSUVスタイルとしたのは、今、登録台数が伸びている唯一の車種であるという点。千葉県内で開催された試乗会に参加して、その出来栄えを確かめた。

Text & Photographs by HARA Akira

日本の道路にジャストフィット

最初に乗ったのは、ダイハツ・ロッキーの「X」グレード2WDモデル。外装色は、ダイハツの往年の名車であった「コンパーノ」の名を冠した「コンパーノレッド」で、ロッキーのイチ推しカラーでもある。ボディサイズは全長3,995×全幅1,695×全高1,620mmと、見るからにコンパクト。
ブラックの樹脂モール付きフェンダーや大径タイヤがSUVモデルであることを主張するものの、威圧感や土臭さからは程遠く、誰もがなじみやすいデザインを採用している。

運転席に乗り込むと、665mmというちょっとだけ高いヒップポイントと、上下31度というワイドな視界による見切りの良さが気持ちいい。スクエアなボディ形状なので、後席のレッグルームや頭上空間も十分。369リッターという荷物スペースには、デッキボードを外すことで現れる80リッターの深いアンダーラゲージがプラスされ、背の高い荷物にも対応することができる。

パワートレインは、最高出力72kW(98PS)/6,000rpm、最大トルク140Nm/2,400rpm〜4,000rpmを発生する1.0リッターの直列3気筒ターボエンジンと、ロックアップ機構付きCVTの組み合わせ。

1トンを切る970kgという軽量な車体のため、アクセルペダルを軽く踏むだけでボディはぐいぐいと加速してくれる。フル加速時にはさすがにエンジン音は高まるが、巡航中は回転数が低く保たれてとても静かだし、16インチタイヤの乗り心地もいい。

4.9メートルという最小回転半径は、狭い日本の道路にもぴったりで、どんなドライバーでも安心してドライブが楽しめそうだ。
33 件
                      
Photo Gallery