[短期連載7] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──フライト編|TRAVEL
LOUNGE / TRAVEL
2019年11月8日

[短期連載7] 建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──フライト編|TRAVEL

建築と芸術とエンターテインメントと美食の都、シカゴへ──フライト編

移動のための時間を、上質で価値のある旅のワンシーンに

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ北米第3の都市、シカゴ。摩天楼発祥の地であるここは、どことなく街の雰囲気がニューヨークに似ている。人口や面積がニューヨークの数分の一に過ぎないコンパクトなこの街は、アートや建築、エンターテインメントや美食など、ニューヨークに引けをとらない魅力的なコンテンツがギュッと凝縮されているのだ。そんなシカゴの魅力を、テーマ別に紹介していく短期連載。第7回は、今回利用したユナイテッド航空の長距離国際線向け新ビジネスクラス・サービス「ユナイテッド・ポラリス」をご紹介する。

Text by YAMAGUCHI Koichi

出発ラウンジから到着まで、さらに上質な体験を提供

今回のシカゴへの旅には、シカゴ・オヘア国際空港をハブ空港の一つとする北米を代表するエアライン「ユナイテッド航空」を利用した。ユナイテッド航空では、2016年12月より新コンセプトの長距離国際線向けビジネスクラス・サービス「ユナイテッド・ポラリス」を導入しており、それをぜひ体験したいと思ったからだ。
「プレミアムキャビンのユーザーに、出発ラウンジから到着まで、さらに上質な睡眠体験を提供する」ために生まれたというユナイテッド・ポラリス。そのコンセプト通り、搭乗前から特別な体験が始まる。同社の最上級ラウンジとなるユナイテッド・ポラリス専用ラウンジである。現在、シカゴ・オヘア国際空港をはじめ、サンフランシスコ、ニューヨーク・ニューアーク、ヒューストン、ロサンゼルスの各空港に開設されており、さらにワシントン・ダレス空港でもオープンする予定だという。

シカゴオヘア国際空港にあるユナイテッド・ポラリス専用ラウンジのエントランス
成田空港への帰路、シカゴオヘア空港第1ターミナルC18ゲート付近にあるポラリス・ラウンジで搭乗までのひとときを過ごした。受付を済ませて内部に歩を進めると、パーテーションとサイドテーブルを備えたプライベート感あふれるシートやゆったりとしたサイズのソファ、そしてテーブルが設置された、広々とした空間が広がる。L字形の大きなバーカウンターでは、スタッフが笑顔でワインやビール、そしてカクテルなど好みの飲み物を提供している。その様は、モダンなインテリアデザインも相まって、まさにラグジュアリーホテルのバーラウンジといった風情なのだ。

ラグジュアリーホテルのバーラウンジに匹敵するホスピタリティを誇る
やはりラグジュアリーホテルのバスルームを思わせる広々としたシャワールームには、機内と同様にヒューストン発の高級スキンケアブランド「サンデー・ライリー」のアメニティが備わる。これは、特に女性の利用者にはありがたいサービスだろう。一方、ビジネスマンにとってうれしいのが、シャワーを浴びているあいだにシャツやジャケットのアイロンがけを行うヴァレットサービスだ。この辺りのホスピタリティも、まさにラグジュアリーホテルそのものと言えるだろう。
長時間のトランジットの際に便利なのが、デイベッドと名付けられた仮眠室だ。ゆったりとしたベッドには、機内と同じくアメリカの高級デパート「サックス フィフス アベニュー」と共同開発した枕とブランケットが用意され、静かな空間でゆっくりと体を休めることができる。予めスタッフに時間を伝えておくと起こしてくれるので、寝過ごしてフライトに遅れてしまう心配もない。

イベッドや「サックス フィフス アベニュー」の枕とブランケットが備わるデイベッド。長いトランジットの際はぜひ利用したい
さて、ポラリスラウンジおいて、もっとも魅力的なスペースがダイニングルームだろう。まさにレストランともいえる落ち着いた雰囲気の専用スペースで、スープから前菜、メインまで、地域の特色を生かしたさまざまな料理を各テーブルでスタッフにオーダーできるのだ。
筆者はオニオンスープとユナイテッドポラリスバーガーと名付けられたハンバーガーを食したのだが、いずれも高級レストラン並といっても過言ではないおいしさだった。搭乗前にこうしたクオリティの高い食事を楽しめるダイニングルームの存在は、特に、搭乗後は機内食をパスして少しでも長く睡眠をとりたいという人には魅力的だろう。

高級レストランのようなメニューが用意されたダイニングスペース「イン・ダイニング」
ちなみに、このシカゴ・オヘア空港のユナイテッド・ポラリス専用ラウンジは、英国の航空サービス調査会社、スカイトラックスが実施する「2018ワールド・エアライン・アワード」において、米国における「ベスト・ビジネスクラス・ラウンジ」に選出されたという。この賞は、世界2,000万人以上の航空旅客の投票により決まるというから、同ラウンジがいかに世界中のジェットセッターたちから評価されているかが分かるだろう。
28 件
                      
Photo Gallery