日本初となる「ホテルインディゴ」が箱根・強羅地区にオープン|HOTEL INDIGO
LOUNGE / TRAVEL
2020年1月16日

日本初となる「ホテルインディゴ」が箱根・強羅地区にオープン|HOTEL INDIGO

HOTEL INDIGO|ホテルインディゴ

地域に根付いたステイを約束するライフスタイル・ブティックホテル

「ホテルインディゴ」ブランドでは、日本初の展開となる「ホテルインディゴ箱根強羅」がオープンする。そのエリアのカルチャーや食といった特徴をホテルに落とし込み、ステイだけでも、その土地の魅力が味わえる。オープン日は2020年1月24日(金)。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

“箱根らしさ”を表現したデザインを採用

ライフスタイル・ブティックホテルブランド「ホテルインディゴ」(HOTEL INDIGO)の日本初となる施設「ホテルインディゴ箱根強羅」がオープンする。
ホテルインディゴは、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG®)が展開。その街のスピリッツを凝縮したようなコンテンポラリーなデザインと、好奇心をくすぐるパーソナルなサービスを提供することを信条とし、欧米を中心に112軒のホテルを運営している。
各ホテルは「ネイバーフッドストーリー」を持っており、そのエリアを堪能できる刺激的な滞在を提案する。
ホテル自体がコミュニティとつながることで発見したローカルカルチャー、食、土地に根付くデザインや、隠れたトレンドなどが、ホテルのインテリアや音楽、メニュー、アメニティなどあらゆるシーンに落とし込まれていることが特徴。

その土地ならではのディープなローカル体験を楽しめるのだ。
「ホテルインディゴ箱根強羅」は、一歩足を踏み入れると、コンテンポラリーなスタイルと和の伝統が融合した空間が広がる。
「火」をテーマにしたオールデイダイニングレストラン、箱根の清流をイメージした「水」がテーマのバーラウンジ、箱根ならではの素材にインスパイアされた料理がゲストを迎える。

また、スパトリートメントやフィットネスセンターなどの施設も充実。水着で楽しむスタイリッシュな温泉大浴場(男女共用)に入り、ミネラルたっぷりの温泉ヒーリングで、身も心も温めることができる。

客室は4室のスイートルームを含む全98室。特筆すべきは全ての客室に温泉水の和式風呂が備わっていることだ。早川を望むリバービュー(4タイプ、80室)では、静謐な雰囲気のなか、プライベートな露天風呂で贅沢なひとときが味わえる。
ホテルインディゴ箱根強羅
総支配人|ポール・ツジ(Paul Tsuji)
開業日|2020 年 1 月 24 日(金)
住所|神奈川県足柄下郡箱根町木賀924-1
アクセス|
JR「小田原」駅より無料シャトルバスで約 40 分
箱根登山バス「宮城野橋」バス停より徒歩約 2 分
箱根登山鉄道(*)「強羅」駅より無料シャトルバスで約 4 分
箱根登山鉄道(*)「強羅」駅より徒歩約 15 分
(*) 2020年 1月時点では強羅を含む一部区間が運休中、箱根登山バスが代行輸送を行っています。

客室|全 98 室
デラックスキングヒルサイド5室(30.5 m2)
デラックスツインヒルサイド13室(30.5 m2)
デラックスキングリバーサイド26室(31.5 m2)
デラックスツインリバーサイド44室(31.5 m2)
デラックスコーナーキング6室(37.5 m2)
プレミアスイート6 室(64.5 m2)

レストラン&バー|
オールデイダイニング 1(全88席)
バーラウンジ 1(全44席)
※いずれも全面禁煙、個室あり(最大30名)

温泉|
屋内大浴場 1 (男女共用リラクゼーション施設、水着着用)
全室に天然温泉の和式風呂を完備
(ヒルサイド以外の 80 室は屋外露天風呂付き)
スパ&フィットネス|
トリートメントルーム 4(温泉付きカップルルーム&シングルルーム)
リラクゼーションルーム
フィットネスセンター(24 時間)
問い合わせ先

ホテルインディゴ箱根強羅
https://www.anaihghotels.co.jp/search/knt/in-hakone/
Tel.0460-83-9470

                      
Photo Gallery