BE@RBRICK ANDY WARHOL “The Last Supper”  100% & 400%/1000%|MEDICOM TOY
DESIGN / FEATURES
2019年9月24日

BE@RBRICK ANDY WARHOL “The Last Supper” 100% & 400%/1000%|MEDICOM TOY

           

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

アンディ・ウォーホル晩年の連作「最後の晩餐」がBE@RBRICKになって登場

Text by SHINNO Kunihiko|Edit by KAWASE Takuro

昨年11月から今年3月までニューヨーク・ホイットニー美術館にて、’89年以降となる大規模な回顧展『Andy Warhol - From A to B and Back Again』が開催され、再び注目を集めるアンディ・ウォーホル(1928-1987)。
1950年代に商業イラストレーターとして成功後、’60年にファイン・アートの世界へ転身。キャンベル・スープ缶やドル紙幣、’62年に急逝した人気女優マリリン・モンローの肖像などをモチーフにした作品を次々と発表し、ポップ・アート ムーブメントの中心人物に。さらに60本を超える映画制作、『インタビュー・マガジン』誌の創刊、ロックバンドのヴェルヴェット・アンダーグラウンドをプロデュースするなど、様々な分野で新境地を開いた。
彼の作品テーマのひとつに「死と惨事」があり、交通事故の現場写真、死刑執行の電気椅子、頭蓋骨などが題材に選ばれてきたが、それらを宗教的モチーフへ昇華したものが「最後の晩餐(The Last Supper)」シリーズ。世界で最も有名な絵画のひとつ、レオナルド・ダ・ヴィンチの同名絵画(1498年完成)のシルクスクリーンに施したバリエーションは100種類以上にのぼり、そのうち22作品は1986年にオリジナルの「最後の晩餐」が飾られているミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会向かいのスペースに展示された。
今回紹介する「BE@RBRICK ANDY WARHOL “The Last Supper”  」は、ウォーホル晩年の代表作をウォータープリントによって美麗に再現したモデル。500年前に描かれたダ・ヴィンチの宗教画に彼は何を見出したのか──いろいろと想像するのも楽しいアートなBE@RBRICKの登場だ。

BE@RBRICK ANDY WARHOL “The Last Supper”  100% & 400%/1000%

サイズ|各全高約70mm(100%)/280mm(400%)/700mm(1000%)
販売方法|2019年9月24日(火)00:00~2019年10月10日(木)23:59、メディコム・トイ直営各店舗、及びメディコム・トイ運営オンラインストア各店、他一部店舗にて受注を募ります。
価格|[100% & 400%]1万2000円(税別)/[1000%]4万8000円(税別)
発売日|2020年1月発売・発送予定
※写真は監修中のサンプルにつき、発売商品とは一部異なる場合があります。
©/(R) /TM The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.
BE@RBRICK TM & © 2001-2019 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
問い合わせ先

メディコム・トイ ユーザーサポート
Tel.03-3460-7555

                      
Photo Gallery