オーナーが誇りを感じられるスポーツGT──新型レクサスLCに試乗|Lexus
CAR / IMPRESSION
2020年1月31日

オーナーが誇りを感じられるスポーツGT──新型レクサスLCに試乗|Lexus

Lexus LC500|レクサスLC500

新型レクサスLCに試乗

2017年にデビューし、レクサスの新たなる方向性を指し示すモデルとして大きな注目をあつめたラグジュアリークーペ「LC」。年次改良を受け進化した同車の2019年モデルに試乗した。

Text by OGAWA Fumio
Photographs by MOCHIZUKI Hirohiko

小さなスポーツカーのような俊敏さ

2台持ち、という言葉をクルマ好きはよく使う。どのモデルとどのモデルを車庫に並べるのが、自分にとって理想的か。それを考えるのが楽しい作業なのだ。
ブランドをレクサスに限っても、満足いく組合せができる。たとえば自分だったら、「RX」と「LC」だ。実用的で走りのいいSUVであるRXと、スポーツクーペのLCがあれば、クルマでの楽しみのほとんどすべてがカバーできそうだから。
メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェそしてランボルギーニとアストンマーティンも、SUVとスポーツカーをラインナップに持つ。この選び方はグローバルに共通する趣味なのだろうか。
余裕あるサイズのボディを持つ、レクサスLCは、2017年に発売されたときから、魅力あふれたモデルだった。4,770mmとのびやかな全長に1,345mmと低く抑えられた全高の組合せが特長だ。
ロングフードと、後退したキャビンによる、オーソドクスなスポーツカーの美を感じさせるプロポーション。加えて、4,968ccのV型8気筒というマルチシリンダーエンジンと、後輪駆動のレイアウトも、あえて王道を行くというレクサスの自信を感じさせるものだ。
乗ったのは、2019年秋に小変更を加えられたLC500。351kW(447ps)の最高出力と540Nmの最大トルクを発生するガソリンエンジンモデルである。じつに切れ味するどい走りが楽しめるモデルなのだ。
そもそも、「デザインと走りの両立をめざした」と開発者が語るだけあって、LCは、見た目はGT的なのだが、走りは期待以上にスポーティ。他で例をさがすと、ポルシェ「911」が思いつく。
意外なほど操舵感が軽いステアリングホイールだが、走りだすとすぐに、繊細なフィールを感じるだろう。路面の状況を情報としてよく伝達してくれると同時に、ドライバーの意思をきっちりとクルマに伝えてくれる。
操舵に対するクルマの動きは中立付近から反応がよい。最大トルクは4800rpmで、というなかなか高回転型のエンジンだが、低い回転域でもしっかりと太いトルク感を味わわせてくれる。
すっと走りだし、そのあとはアクセルペダルの踏み込みに応じて、ぐんぐんとスピードを上げていく。俊敏さは小さなスポーツカーのようだ。回転を上げて走るのを楽しませてくれるエンジンのキャラクターで、スポーツカー経験者だったら特に、LCの魅力が堪能できると思う。
36 件
                      
Photo Gallery