ジープ電動化の嚆矢たるレネゲード 4×e に試乗|Jeep®
CAR / IMPRESSION
2020年12月22日

ジープ電動化の嚆矢たるレネゲード 4×e に試乗|Jeep®

Jeep® Renegade 4×e|ジープ レネゲード フォーバイイー

ハイブリッド化されたジープ レネゲード 4×e に試乗

前輪をエンジンとモーターで、後輪をモーターのみで駆動するユニークな 4WDシステムが与えられたジープの電動化モデル「レネゲード 4×e」にモータージャーナリストの小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA Fumio
Photographs by MOCHIZUKI Hirohiko

「LIMITED 4×e」「TRAILHAWK 4×e」の2タイプをラインアップ

ジープがついに電動化。その嚆矢たるプラグインハイブリッド「レネゲード4×e」が2020年11月に日本でも登場した。4×eは「フォーバイイー」と読む。ユニークなのは、前輪はハイブリッドで駆動し、後輪は電気モーターのみで、というシステムだ。
レネゲードは、本格的なクロカン4WDのジープ・ラングラーをどこか彷彿させる、ちょっとゴツい感じと、都会的な雰囲気をうまく合わせたモデルだ。実際に人気は高く、欧州ではミラノやパリでよく見かけるし、日本でも多様なジープのラインナップ中3割を占める売り上げを誇っている。
全長4255mmで、全高1695mm(TRAILHAWKは1725mm)。コンパクトサイズのSUVに興味がある人には、とりわけ向いている。デザインも上手で、丸型ヘッドランプにセブンスロットグリルというジープの伝統的なモチーフを活かしたフロントマスクは雰囲気があるし、堅牢性とスタイリッシュさのバランスがとられたボディは、都会にもよく似合うと思う。
日本では従来からの1.3リッターターボエンジンの「LONGITUDE」「LIMITED」「TRAILHAWK」の3グレードに、「LIMITED 4×e」と「TRAILHAWK 4×e」として追加された。
前輪用が、1.3リッターターボエンジンにモーターの組み合わせ。270Nm/1850rpmのエンジントルクに加え、モーターが50Nmのトルクを積み増す。後輪は250Nmと比較的太いトルクのモーターで駆動される。
前後のパワートレインは物理的にはつながっていなくて(従来の4WDシステムとは違い)、コンピューターが制御する。ちなみに3つのモードを装備。「エレクトリック」はバッテリーの限界まで電気走行をする。「ハイブリッド」はモーター中心でありつつ必要に応じてエンジンを始動させるモード。そして「Eセーブ」はエンジンを使って充電を行う。
「LIMITED 4×e」と「TRAILHAWK 4×e」とではエンジン出力が異なる。前者は96kW(131ps)で、対する後者は132kW(179ps)だ。最大トルクは不変。エンジン車に準じたスペックスである。ちなみに前後2基のモーターの出力とトルクも不変だ。
35 件
                      
Photo Gallery