大幅改良された新型マカン日本上陸|Porsche

大幅改良された新型マカン日本上陸|Porsche

CAR NEWS

Porsche Macan|ポルシェ マカン

大幅改良された新型マカン日本上陸

ポルシェジャパンは大幅改良が施されたミドルクラスSUVの「マカン」を2019年夏より販売すると発表した。価格は据え置きの699万円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

乗り心地とハンドリングの両立

ポルシェ「マカン」は2013年にグローバルデビューし、5年間で35万台以上を販売。日本では2014年に導入され、現在ではポルシェ ジャパンの年間販売台数の約3割を占める重要なモデルと位置付けられている。

今回の改良において、ポイントは3つ。ひとつはデザイン、そしてドライビングダイナミクス、最後はインフォテイメントとコネクティビティだ。

フロントまわりのデザインは、よりワイドなフロントグリルと新たにデザインされたLEDヘッドライトにより、ポルシェの典型的な4灯式LEDデイタイムランニングライトを引き立たせている。リアまわりは「パナメーラ」や「カイエン」、「911」と同様に、3Dデザインが施された横長のLEDテールライトが採用された点が新しい。

ポルシェ マカン
ポルシェ マカン

インテリアは7.2インチから10.9インチに大型化されたタッチスクリーンが搭載され、それに伴いセンタークラスターまわりのデザインが一新。より水平ラインが強調されている。

ドライビングダイナミクスにおいては、パワーとトルクの数値は変わらないものの、燃焼形状を最適化することで、パワーバンドを5,000〜6,750rpmと改良前の5,000から6,800rpmより若干低く設定。そこに7段PDKが組み合わされた。

足まわりではフロントサスペンションの一部をアルミ化することで、1.5kgの軽量化に成功。アンチロールバーやスプリング、ダンパーなどの設定を見直すことで、シャープなハンドリングと、バネ下の重量軽減により乗り心地も改善されている。

ポルシェ マカン
ポルシェ マカン

そしてオプションとしてマカンでは初めてモードスイッチ付きスポーツクロノパッケージが設定された。

最後に安全装備とインフォテイメントシステムに関しては、特に日本市場で重視されている安全装備の充実が挙げられる。アダプティブ クルーズ コントロールやレーン チェンジ アシストなどが標準装備。オプションでトラフィック ジャム アシストとレーン キープ アシストも選択可能だ。これらは、「日本のユーザーからの要望に応えるべく日本で特別に標準装備(あるいはオプション)としています」とは、ポルシェジャパン執行役員・マーケティング部長の山崎香織さんの弁。そして、「直観的に操作が可能な10.9インチタッチスクリーンディスプレイとともに、最新のポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)がドライバーに役立つさまざまな情報をもたらします」とコメントした。