ドレスかつスモールサイズという条件から導かれた「レベルソ」という答え|JAEGER-LECOULTRE
WATCH & JEWELRY / FEATURES
2019年12月18日

ドレスかつスモールサイズという条件から導かれた「レベルソ」という答え|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルト

スタイル知識人が見立てた現代のドレスウオッチの正解。それが「レベルソ」である(1)

1833年に創業したジャガー・ルクルトは、スイス時計メーカー初のマニュファクチュールにして、これまでに1200個を超えるキャリバーを生み出してきたブランドだ。その長い歴史のなかでも、ひと際、息の長いコレクションが「レベルソ」。そしてこの「レベルソ」が、現代のライフスタイルに合うリアルな選択肢としてOPENERSはとても注目している。この「レベルソ」のスタイル的魅力とは何なのか? 時計好きを自他ともに認めるN.HOOLYWOODデザイナー尾花大輔氏と、いつかは「レベルソ」を手に入れたいと公言する本誌代表の松本博幸が語り合った。

Photographs by OHTAKI Kaku|Text by KOIZUMI Yoko|Edit by TSUCHIDA Takashi

“不変“のスタンス。それが「レベルソ」の持つ品格の素晴らしさ

松本博幸(以下、松本) 最近、小ぶりの時計が見直されていて、ボーイズサイズや(サイズが小さい)ヴィンテージを選ぶ人が増えていますが、尾花さんは小ぶりな時計に対してどんな印象を持ってます?
尾花大輔(以下、尾花) 僕はあまり腕が太くないこともあって、いわゆる“デカ厚”的なモデルが苦手。だから(趣味の)ヴィンテージ・ダイバーズや持っている時計は比較的小さめを選んでますね。
松本 いま着けてるジャガー・ルクルトの「レベルソ」も、現行品のなかではわりと小さ目なサイズが揃っているコレクションなんです。

尾花 僕にはこのくらいのサイズがしっくりきますね。ラウンドであまり小さいと、いかにも女性モノという雰囲気があって着けづらいところがありますけど、このスクエアケースはサイズ感がいい。
松本 ちょっと大きめを好む女性にも人気があるのもわかりますね。

尾花さんが時計のデザインを手掛けたこともあるからでしょうけど、会うたびに、「スタイルと時計とのバランスをすごく考えているな」って感じます。
尾花 時計はもはや時間を見るだけのものじゃないですからね。僕は指輪やブレスレットのような装飾品を着けないこともあって、時計だけが唯一、その日のコーディネイトのなかでTPOを表現しているものだと思っているところはあります。
松本 時計のなかで、とくにスクエアケースを選ぶタイミングは?
尾花 基本的にネクタイもしないので、ドレスアップしたいときはスクエアケースの時計を選ぶかな。

そういえば昨今の若い子たちはスポーティなモデルよりも、エレガントでフォーマルなスクエアケースのモデルを選んでますね。ドレッシーな時計にダラダラの古着を合わせるのが流行のスタイルになっています。そこから考えると、彼らにも「レベルソ」という選択肢がありますね。
松本 ジャガー・ルクルトは1833年に創業しているんですが、当時はまだ懐中時計の時代。1910~1920年代になると、いろいろなメーカーが腕時計をつくるようになって、「レベルソ」は1931年に誕生しています。当時からケースフォルムやゴドロン装飾(上下に入っているライン)、インデックスや数字のデザインはほぼ変わってないんですよ。
尾花 いまもデザインにアールデコの雰囲気が漂ってますもんね。あれ、それじゃあ80年以上もこのスタイルを貫いているんですか? それはすごい! 途中、ポップなデザインになるということもなく?
松本 ジャガー・ルクルトに限って、ポップにはしないんです(笑)。独自のスタイルを貫いてブレずにここまでやってきているのはすごいと思いますよね。

「レベルソ」はエレガントなデザインですけど、出自はスポーツウオッチなんです。

インドに駐在していたイギリス将校が、競技中でも壊れない時計が欲しいとオーダーしたんです。当時の時計の風防ガラスはいまほど強度がなくて、力をかけるとすぐ割れてしまいましたから、それを防ぐために競技中は反転させるというアイデアを思い付いたんです。
その後、ツルッとしていた裏面にイニシャルを彫ったり、言葉や絵を彫ったりとパーソナライズ化が進み、さらには裏面も時計にしてデュアルタイムをつくったんです。
尾花 基本形は二針の手巻きですよね? そこからデュアルタイムへと発展していったと。それは面白い!
尾花さんが身につけた「レベルソ」がこちら

Reverso Tribute Burgundy

レベルソ・トリビュート・スモールセコンド
1931年に登場した初代モデルをオマージュするバーインデックス仕様。幾何学的な印象を加速させ、アールデコの雰囲気を色濃く残している。バーガンディカラーは一見、上級者向けに感じられるが、クロージングのカラーコードにも合い、応用範囲は案外広い。もちろん尾花さんのようにカラーコーディネイトすれば間違いない。
Ref.|Q397846J
ムーブメント|手巻き(Cal.822/2)
ダイアル|バーガンディレッド
ケース素材|SS
ケースサイズ|45.6☓27.4mm
ケース厚|8.5mm
ストラップ素材|カーフレザー(ファリアーノ・コレクション)
防水|3気圧
価格|80万8000円(税別)
64 件
                      
Photo Gallery