2000人が“最高の夏の一日”を体験した『HANAVIVA 2019』|EVENT
LOUNGE / FEATURES
2019年7月24日

2000人が“最高の夏の一日”を体験した『HANAVIVA 2019』|EVENT

EVENT|HANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESS

花火×エンターテインメントの融合イベントが大盛況のうちに閉幕

先日、イベント『HANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESS』が開催された。アート・ミュージック・フードなどのエンターテインメントと、花火を融合させたイベントで、ゲスト約2000名が終結。“最高の夏の一日”を大いに愉しんだ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

3000発もの花火が会場を華やかに彩った

2019年7月13日(土)に、花火とエンターテインメントを融合させたイベント『HANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESS』が開催された。

会場の横浜港大さん橋国際客船ターミナルに設けられた会場では、さまざまなフードや、DJプレイ、ダンスパフォーマンス、ライブペインティングやアートワークショップを実施。大人から子供までイベントのコンテンツを楽しんだ。
夏にぴったりのフードコンテンツも充実。らせん状にカットされた新食感のフライドポテトと手作りジンジャーエールを提供する「BROOKLYN RIBBON FRIES」、オーストラリア発のファストカジュアルスタイルのメキシカンダイナー「Guzman y Gomez」、台湾で人気の新食感かき氷「ICE MONSTER」、トランジットジェネラルオフィス発のオリジナルロースターカフェ「Little Darling Coffee Roasters」が参加し、タイアップフードを展開した。
特筆すべきはVIP席(150万円)の特典である。アート・ミュージック・フードエリア内と花火会場に専用席が設けられ、アート・ミュージック・フードエリア内VIPラウンジ ビュッフェが味わえるのだ。花火会場ではゆったりしたソファのある空間で花火が鑑賞できる。VIP席は高級フレンチレストランのような趣で、ゲストは、ウェルカムシャンパンとスペシャルフードのマリアージュを大いに楽しんだ。VIP席専用のDJブースが設けられ、間近で音楽を楽しめるのも音楽好きにはうれしいポイント。
DJとして、TOMOYUKI TANAKA(FPM)、浦浜アリサ、neufneufら豪華顔ぶれがプレイするなか、ライブペインティングやダンスパフォーマンスが会場を大いに盛り上げた。そのほか会場では、フェイスペインティング&ボディペインティングの資格を持ったアーティストプロ集団「デコデコ」が、ゲストの顔を遊び心たっぷりに彩るイベントも。

さらに、ワールドワイドに活躍する“サムライ・ギタリスト”MIYAVIが登場すると会場のボルテージは急上昇。ピックを使わずに、すべて指で弾くという独自の“スラップ奏法”を披露し、圧巻のライブパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。
イベントの締めとして、横浜港氷川丸の汽笛を合図に、3000発もの横浜スパークリングトワイライト2019スパークリング花火が打ちあがると、割れんばかりの歓声が巻き起こった。

ゲストは、フード、エンターテインメントと花火の競演を心行くまで楽しみ“最高の夏の一日”を体験したのだった。
HANAVIVA 2019 powered by AMERICAN EXPRESS
会場|横浜港大さん橋国際客船ターミナル HANAVIVA 2019 特設会場
神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
協賛|アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会社、サントリーホールディングス株式会社
演出|DRUMCAN
出演者|
アーティスト:MIYAVI
DJ:AMIGA、浦浜アリサ、TOMOYUKI TANAKA(FPM)、 DJ KAWASAKI、DJ HICO、neufneuf、Yumi Kobayashi(Yummy)、YUYA NARA & GO AKIMOTO
アート:.m.j.k. 、KAZZROCK、NAOMI KAZAMA、Ricco.
VJ:EYE LINK
パフォーマー:クラウンユースケ、KOJI、VIVA GIRL
問い合わせ先

HANAVIVA 2019
https://hanaviva.jp/

                                                                                          
Photo Gallery