世界にひとつのオリジナルジンを使ったカクテルを楽しむ|Andaz Tokyo
LOUNGE / EAT
2019年7月25日

世界にひとつのオリジナルジンを使ったカクテルを楽しむ|Andaz Tokyo

Andaz Tokyo|アンダーズ 東京

開業5周年を記念し京都蒸溜所とコラボレーション。「季能美 カスクエイジド 京都ドライジン」を使ったオリジナルカクテル

アンダーズ 東京は開業5周年を記念し、日本初のジン専門蒸溜所「京都蒸溜所」とコラボレーションし、オリジナルクラフトジン「季能美 カスクエイジド 京都ドライジン」を完成。2019年8月31日(土)までの期間限定でこのオリジナルクラフトジンを用いたスペシャルカクテルが52階ルーフトップ バーにて提供される。

Text by YANAKA Tomomi

25年が経過したシェリー樽ジンと、ミズナラの新樽ジンをブレンド

「地域(日本)の魅了をクリエイティブな体験を通じて提供する」というブランドコンセプトを掲げるアンダーズ 東京が開業5周年を迎えた。このアニバーサリーを記念し、日本の厳選素材にこだわりを持つ京都蒸溜所とのコラボレーションが実現した。
京都蒸溜所が作り出すジンの中でも最高品質のクラフトジンが「季の美」。マイルドなお米のスピリッツをベースに、緑茶や柚子など京都産を中心に11種類のボタニカルを「ベース(礎)」「シトラス(柑)」「ティー(茶)」「スパイス(辛)」「フルーティ&フローラル(芳)」「ハーバル(凛)」の6つのグループに分け浸漬抽出し、蒸溜後にブレンドするという独自製法が特徴だ。
今回のコラボレーションでは、この「季の美」を特別に厳選した2種類の樽で熟成し、ブレンド。京都蒸溜酒としても初めての試みとなる「季能美 カスクエイジド 京都ドライジン」を完成させた。
京都蒸溜所のヘッド ディスティラー、アレックス・デービス氏が“地域性=素晴らしい過去と現代のモダンな街並みが調和する虎ノ門”をイメージし、2種類の樽をセレクト。25年ものの軽井沢シングルモルトウイスキーの熟成に使用されたシェリー樽と、もうひとつは日本ならではのミズナラ樹の新樽。「季の美」クラフトジンのもつ本来の魅力を楽しみながら、それぞれの樽の香りや味わいを堪能できる最適な期間を見極め、6カ月間熟成させたという。
またブレンディングにもこだわり、シェリー樽特有のドライフルーツやナッツのような芳醇で香ばしくフルーティな香り、そしてミズナラ新樽のスパイシーで華やかな香りをともに楽しめ、複雑かつ濃厚な香りと味わいを創出している。
このオリジナルクラフトジン「季能美」を使ったスペシャルカクテルはアンダーズ 東京52階の「ルーフトップ  バー」で提供。日向夏を用いた「シグネチャージン&トニック」や、マティーニとピーチマティーニがセットになった「ジンマティーニセット」など、暑い季節を爽やかにしてくれるようなカクテルを楽しめる。

アンダーズ 東京オリジナルクラフトジン“季能美”カクテル@ルーフトップ バー
期間|~2019年8月31日(土)
営業時間|17:00~25:00
住所|東京都港区虎ノ門1-23-4
価格|シグネチャージン&トニック 2450円
   ジンマティーニセット(アンダーズマティーニ・ピーチマティーニ) 4400円
   ※いずれも税サ別
   ※シグネチャージン&トニックは、ザ タヴァン グリル&ラウンジでもお楽しみいただけます。
問い合わせ先

アンダーズ 東京
Tel.03-6830-7739
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/

                                    
Photo Gallery