ポルシェ タイカンのエントリーモデル「タイカン4S」デビュー |Porsche
CAR / NEWS
2019年10月22日

ポルシェ タイカンのエントリーモデル「タイカン4S」デビュー |Porsche

Porsche Taycan 4S|ポルシェ タイカン4S

ポルシェ タイカンのエントリーモデル「タイカン4S」デビュー

独ポルシェは、フル電動スポーツカー「タイカン」シリーズのエントリーモデルとなる「タイカン4S」を発表した。

Text by HARA Akira

最大航続距離は463km とシリーズ最長に

今回発表された「タイカン4S」は、「タイカン ターボS」「タイカン ターボ」に続くエントリーモデルという位置づけ。パワートレインには2種類のバッテリーサイズが用意されており、最高出力390kW(530PS)を発生する標準の「パフォマンスバッテリー」は総容量79.2kWh、航続距離407km(WLTPモード)、最大充電性能225kW。

オプションで用意される上位モデルと同じ最高出力420kW(571PS)の「パフォーマンスバッテリープラス」は、総容量93.4kWh、航続距離463km(WLTPモード)、最大充電性能270kW。

パフォーマンスはどちらのバージョンでも0-100km/h加速4.0秒、最高速度250km/hを記録するという。4輪駆動とリアアクスルに2段トランスミッションを備えるドライブシステムは、ターボやターボSと変わらない。

4Sのみが装備するエクステリアの特徴としては、空力的に最適化された19インチの「タイカンSエアロホイール」、レッド塗装ブレーキキャリパー、新形状のフロントエプロン、ブラックのサイドシルとリアディフーザーが挙げられる。

ポルシェ ダイナミックライトシステムプラスを組み込んだLEDヘッドライトは標準装備となる。

インテリアは、ダッシュボード中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイ、パッセンジャーディスプレイ(オプション)、8ウェイ電動調節機能付きフロントコンフォートシートなどを装備。パーシャルレザーインテリアを採用することで完全なレザーフリーを実現し、電動スポーツカーの持続可能なコンセプトを強調した。日本での価格や発売時期は未定となっている。

問い合わせ先

ポルシェカスタマーケアセンター

Tel.0120-846-911
https://www.porsche.com/japan/jp/

                      
Photo Gallery