扱いやすいミドシップ フェラーリ──フェラーリF8トリブートにマラネロで試乗|Ferrari
CAR / NEWS
2019年12月27日

扱いやすいミドシップ フェラーリ──フェラーリF8トリブートにマラネロで試乗|Ferrari

Farrari F8 Tributo|フェラーリF8トリブート

フェラーリF8トリブートにマラネロで試乗

2019年3月のジュネーブモーターショーでデビューした、フェラーリの最新V8ミドシップモデル「F8 トリブート」。モーターアシストのない最後のV8ガソリンエンジンを積んだモデルとも目される同モデルに、マラネロで試乗した。

Text by KUSHIMA Tatsuya

V8ミドシップフェラーリの最終形!?

フェラーリが世界で人気なのはご存じの通り。映画の中でも特別な扱いだし、クラシックカーのオークションでとてつもない落札価格がついたと報じられることもある。どうにもこうにも唯一無二の存在だ。

もちろん、ここ日本でもそうで、人気の高さはそのまま販売台数に結び付く。2018年1年間の台数は767台。これは同価格帯のモデルを有するブランドを遥かに凌ぐ数字だ。

例えば、ランボルギーニ543台、アストンマーティン318台、ベントレー437台というように。マクラーレンは222台しかない。(日本自動車輸入組合調べ)
そんなフェラーリの人気モデルといえば、V8エンジンをミッドに積んだシリーズ。元祖となるのは1975年にリリースされた308GTBだろう。ショートホイールベースのライトウェイトカーのハンドリングが多くの支持を得た。
その最終形とも目されるモデルに試乗した。それがF8トリブート。一説にはモーターアシストのない最後のV8ガソリンエンジンを積んだモデルになるとか。英語のトリビュートをイタリア語にして車名につけるところなど、まさにそんな雰囲気が漂う。「賛辞」とか「贈り物」を意味するネーミングは一つの時代の終わりを告げるのに悪くない選択だ。
39 件
                      
Photo Gallery