大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota
CAR / IMPRESSION
2019年11月27日

大きく若返りが図られた新型トヨタ カローラに試乗|Toyota

Toyota Corolla|トヨタ カローラ

Toyota Corolla Touring|トヨタ カローラツーリング

フルモデルチェンジしたカローラシリーズに試乗──TNGAによるジャパンモデルの出来栄えは?

1966年にデビューし、これまで世界150カ国以上の国と地域で4,750万台が販売されてきた大ベストセラーカー、トヨタ「カローラ」。フルモデルチェンジを受け、この9月にデビューしたその新型に試乗した。

Text & Photographs by HARA Akira

TNGAで若返ったカローラ

1966年にデビューしたトヨタが世界に誇るロングセラーモデル「カローラ」。ライバルの日産サニーとともに成長を続け、今や世界150カ国以上の国と地域で販売され、4,750万台という途方もない累計生産台数となっている。

12代目となる新型カローラは、2018年6月にハッチバックの「カローラスポーツ」が先行デビュー。今回試乗したセダンの「カローラ」と、ワゴンの「カローラ ツーリング」は、19年9月に遅れて登場したことになる。横浜市内で開催された新型カローラの試乗会に参加し、その出来栄えを確かめてみた。

新型カローラは、低重心でスポーティなスタイリング、走る楽しさと取り回しの良さの両立、安全性能やコネクティッドサービスを追求するTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の設計思想を積極的に採用して開発が行われた。今やカローラユーザーの平均年齢がセダンは70歳、ワゴンは60歳という現状を打破し、若返りを果たすための“特効薬”というわけだ。

果たして新型カローラのボディサイズは、全長4,495×全幅1,745×全高1,435mm、ホイールベース2,640mmで、ツーリングは全高が1,460mm。グローバルモデルに比べて全長、全幅、ホイールベースを縮小しつつ、先代モデルより大きいという日本専用ボディをまとっている。
これまでの5ナンバー死守から3ナンバーへと大きくなったが、まさにトヨタでなくてはできないスペシャルモデルといってよい。試乗できたのはワゴンタイプの「カローラツーリングHYBRID W×B」、セダンの「カローラHYBRID W×B」、同じくセダンの「カローラS(1.8Lガソリン)の3台で、その後比較のために新旧の「カローラ スポーツ」にも乗ってみた。
41 件
                      
Photo Gallery