注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日── SOIL&“PIMP”SESSIONS社長 編|Cadillac
CAR / FEATURES
2020年2月28日

注目のクリエーターがキャデラックの新型SUV、XT6とともに過ごす一日── SOIL&“PIMP”SESSIONS社長 編|Cadillac

Cadillac XT6|キャデラック XT6

SOIL&“PIMP”SESSIONS社長がキャデラックXT6と過ごす1日
「伝統と最先端が心地よく融合している」

6人乗り3列シートを特徴とするキャデラックの新型クロスオーバーSUV「XT6」。注目のクルマ好きクリエイターが最新のデザインをまとって登場した同モデルと過ごす1日をフィーチャーする特別企画。第2回は、世界的なジャズバンド、SOIL&“PIMP”SESSIONSのアジテーターとして活躍する社長をフィーチャーする。

Text by TAKI Masahi|Photographs by MAEDA Akira
撮影協力=西銀座駐車場   CITAN

高速道路を走るのが楽しい

キャデラックXT6の運転席ドアが静かに開く。降り立ったのは社長。あだ名のような風変わりな呼び名だが、19年前に六本木のラウンジバーでミュージシャンを集めSOIL&“PIMP”SESSIONSを結成した当時から“社長”を名乗ってきた。
社長はクルマ好きとして、DJやジャズ仲間のみならず、広く知れ渡っている。それも佳き時代のアイコン的クルマだけではなく、イマのクルマ、未来のクルマにも精通している。
東京モーターショー、東京オートサロン詣では欠かさず、昨年、一昨年のオートモービルカウンシルではJ-WAVEスペシャルプログラムのファシリテーターとして、現場から解説したほどだ。
そんな社長のキャデラックXT6の第一印象とは? 
「意外なほど軽快ですね。最初はソフトなあたりのサスペンションにアメリカ車を感じましたが、スピードを上げると落ち着きます。決して上屋がユラユラすることはありません。ひたすらまっすぐ走るのも得意そうだし。長距離ドライブにいいでしょうね。事実、高速道路が楽しい」
44 件
                      
Photo Gallery