新型トヨタRAV4に試乗|Toyota

新型トヨタRAV4に試乗|Toyota

CAR IMPRESSION

TOYOTA RAV4|トヨタRAV4

新型トヨタRAV4に試乗

得意科目はオフロード

1994年にデビューしたトヨタ「RAV4」は、今や国内外のほとんどのメーカーが手がけている乗用車ライクなクロスオーバーSUVの草分けとして大ヒットを記録した。一時は海外専用モデルとして日本市場から姿を消していた同車だが、最新型となる5代目は日本にも導入され、この4月10に販売が開始された。世界的なSUVブームのなか、新生RAV4はいかなるモデルに仕上げられているのか。さっそく試乗してみた。

Text & Photographs by HARA Akira

5代目が目指したのは、オフロード感を高めたSUVらしいモデル

トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」が5代目にフルモデルチェンジして、4月10日から日本で販売が開始された。

初代がデビューしたのは今から25年前の1994年で、「Recreational Active Vehicle 4 Wheel Drive」の頭文字を車名とし、アウトドアにも都会にも似合う、見て乗って楽しいコンパクトなスペシャリティ クロスオーバーSUVとして新しいジャンルを開拓した。

2000年の2代目、2005年の3代目と続いたRAV4は、世界170カ国以上に輸出されるトヨタ グローバル モデルの主力車種に成長し、2013年の4代目では象徴であった背負式スペアタイヤを廃したよりカーライクなSUVになるとともに、海外専用モデルとして生産が続けられた。

世界的なSUVブームで内外の各メーカーから多彩なモデルが発表される中に登場した5代目RAV4は、現在のSUVのトレンドである乗用車テイストやオンロード感を求めたものではなく、アドベンチャーやオフロード感を高めたSUVらしいモデルを目指したのだという。

車名も「Robust(逞しさ、頼もしさ) Accurate(洗練さ、緻密さ) Vehicle with 4Wheel Drive」の頭文字に変わっている。 SUVらしい力強いデザインと、どこでも安心して走れる走行性、使用性へのきめ細かな配慮を兼ね備えた4WDとして、再び日本に復活した新型RAV4の出来栄えを確かめるため、富士の裾野で開催された試乗会に参加した。