東京モーターショー2017を斬る 金子浩久篇|Tokyo Motor Show 2017

東京モーターショー2017を斬る  金子浩久篇|Tokyo Motor Show 2017

CAR FEATURES

Tokyo Motor Show 2017|東京モーターショー2017

東京モーターショー2017を斬る 金子浩久篇

2年に1度に開催される国内最大規模のショー、東京モーターショー2017が開幕した。一般公開に先立ち各社がカンファレンスを行うプレスデイを見て回ったモーターショージャーナリストの目による、今回のショーの総括。第一回は金子浩久氏。

東京モーターショー2017を斬る 第二回 小川フミオ篇

Photographs by ARAKAWA Masayuki & othersText by KANEKO Hirohisa

東京モーターショーの行く末は

東京モーターショーは曲がり角に差し掛かっている。ビッグサイトの入り組んだ会場を一回りして得た実感だ。

まず、海外からの出展メーカーがまた減ってしまった。アメリカ、イギリス(BMWのMINIも含む)、イタリアのメーカーが一社も出展していない。イギリスのロールスロイスやベントレー、アストンマーティンやマクラーレン、イタリアのフェラーリやランボルギーニなど、ふだんはなかなか眼にすることができないスーパーカーや超高級車などを見る楽しみがなくなった。

日本とドイツ勢に少々のボルボだけのショーになってしまった。モーターショーというのは、“世界のクルマを一望できる”ところにその存在意義があるのに、偏ったものになってしまったのは残念だ。

s_013_tms2017

BMW Concept 8 series

s_002A_porsche

Porsche panamera / cayenne

前回までは輸入車の世界初公開モデルも何台ずつか発表されたものだったが、それすら今回は一台もないという寂しさだった。

会場が東館と西館に分かれ、それぞれの館が中で小部屋に分かれているのもモーターショー会場として欠陥以外の何ものでもない。主催団体は会場の設定から根本的に考え直して出直すべきだろう。

そんな中でも、力の入った出展車はあった。

s_003A_porsche-cayenne

Porsche Cayenne

s_004A_porsche-panamera-sportturismo

Porsche Panamera Turbo S e-Hybrid Sport Turismo

東館を入ってすぐのポルシェは「カイエン」と「パナメーラ スポーツツーリスモ」をアジア圏で初公開した。たまたまのタイミングだったに過ぎないのだが、ポルシェでさえアンヴェールする2台が2ドアのスポーツカーではなく、SUVとGTだという点は時代を象徴している。

SUVはもはや完全に市民権を得ていて、各メーカーのラインナップの中心的な存在となっている。今までは、セダンやステーションワゴンなどに飽き足らないごく少数の人のためのオルタナティブな選択肢に過ぎなかったのに、もはやどこのメーカーでも取り揃えている。それはショー会場でも一目瞭然だった。

カイエンのような高級スポーツ指向のものから、軽自動車のSUVまで揃っている。SUVの一般化と多様化は、一般化し過ぎて、もはや目立ちようもないと言うべきかもしれないが、今回の東京モーターショーの大きな傾向のひとつだった。