ポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジ|Porsche

ポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジ|Porsche

CAR NEWS

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン

ポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジ

ポルシェAGは8月29日、フルモデルチェンジして3代目となったプレミアムスポーツSUV「カイエン」を発表した。

Text by OPENERS

見た目はキープコンセプト

2002年にデビューし06年にマイナーチェンジ、10年に2代目となり14年にマイナーチェンジと順調に進化を続け、販売も好調なポルシェのSUV「カイエン」が2017年、ついに第3世代へとフルモデルチェンジした。

新型は、パワフルなターボエンジン、新しい8段ティプトロニックSトランスミッションとシャシーシステム、総合的コネクティビティを備えるディスプレイやコントロール コンセプトなどを採用し、ポルシェ特有の運動性能と抜群の実用性を新しい段階に進めたという。

発売時のラインナップは、標準モデルの「カイエン」と高性能モデルの「カイエンS」の2グレードになる。

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン
Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン

先代モデルに比べて63mm長く、25mm広く、9mm低くなった新型のボディーサイズは全長4,918×全幅1,983mm×全高1,696mm。ホイールベースは2,895mmを変更することなく、ボディーを拡大したにもかかわらず、外装を総アルミニウム製とすることで、乾燥重量は2,040kgから1,985kgへと軽量化されている。

ポルシェのアイコニックモデルである「911」をベースにした第3世代カイエンのエクステリア デザインはキープ コンセプトとなり、フロントの大型エアインテークや水平にデザインされたLEDヘッドライトエッジでワイドさとスポーティさを強調。リアライトは立体的デザインを採用し、細長いLEDストリップで結んだその上方には3DのPorscheロゴが広がる新しいものになった。

ポルシェ アドバンスト コックピットを採用したインテリアは、デジタル化が著しい。ダッシュボードセンターには、昨年ニュー「パナメーラ」とともにお目見えした最新世代ポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)を搭載した12.3インチHDタッチスクリーンが収まる。各デジタル機能を直感的なボイスコントロールで操作することが可能で、オンラインナビゲーションやインターネットへのアクセスも行うことができる。また、ドライバー正面にはポルシェ伝統のアナログ式レブカウンターを備えるほか、その両側に設置した7インチ ディスプレーには、すべてのドライビングデータやマルチファンクションステアリングで選択した情報などを表示する。