東京モーターショー 2017 リポート|Mazda

東京モーターショー 2017 リポート|Mazda

CAR NEWS

Mazda|マツダ

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

SKYACTIV-Xのコンパクトハッチを披露

今回のマツダのショーテーマは、「マツダは『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する」だ。このテーマには、将来においても「走る歓び」にあふれるカーライフを提供することで、お客様の人生を豊かにし、お客様とのあいだに特別な絆を持ったブランドになる、という決意が込められている。

今回の展示では、次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(次世代商品コンセプトモデル)と、次世代デザインの方向性を具現したコンセプトモデル(次世代ビジョンモデル)の2台のほか、技術展示として次世代ガソリンエンジン「SKYACTIVE-X」などを公開した。

s_004_mazda_sakigake_concept

Mazda 魁 CONCEPT

s_009_mazda_skyactive_x

Mazda SKYACTIV-X

「マツダ 魁 コンセプト」と命名された次世代コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチで、「アクセラ」の後継モデルをイメージ。ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術の実用化に“めど”をつけた「SKYACTIV-X」と、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehcle Architecture」を採用。マツダが考える理想的なコンパクトハッチとなっている。レッドカラーにペイントされた実車はシャープかつボリューミーなハッチバックで、大径タイヤを四隅に配した安定感のあるスタイルは美しい出来だ。

「マツダVISIONクーペ」と呼ばれるもう一台のモデルは、2012年の「CX-5」導入以来世界中から高く評価されてきた「魂動」デザインを深化させたもので、マツダの次世代デザインの考え方を具現モデルだ。ダークシルバーカラーを身にまとったロングノーズショートデッキのクーペボディは、生命感にあふれるダイナミックなワンモーションフォルムで、訪れた報道陣もうっとり。ぜひこのまま市販してほしい、と思わせるモデルだ。

s_013_mazda_vision_coupe

Mazda VISION COUPE

そのほか、12月発売予定の3列シートSUV「CX-8」、ロードスター特別仕様車の「RED TOP」、デミオ特別仕様車の「ノーブル クリムゾン」などを展示。また、技術展示として世界一を目指した夢のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を展示した。