「ハピネスに貢献したい、とかんがえる新しいウェブマガジン ― OPENERS」

時代のとびらをひらくカギ、そのカギをもつオウプナーズによる新しいメディアです。
ジャーナリスト、コラムニスト、アナリストだけでなく、ミュージシャン、ファッションディレクターにクリエイティブディレクター、
そしてエコノミスト、ドクターなどなど。最前線で活躍されるみなさん(オウプナーズ)が執筆、参画されるウェブマガジンです。
専門分野以外での発言や活動も活発な、いわば、見巧者=オウプナーのみなさんに、
ライフにかかわるすべての事柄に積極的に発言していただく装置、それがオウプナーズです。
世界じゅうの都市がシンクロしている、シンクロしたがる、私たちの「東京」をそのまま伝えます。
つまり、編集のキイワードは「TOKYO感」と「TOKYO観」です。

オウプナーズ宣言

MUSICIAN

SAKAMOTO Ryuichi

坂本龍一

ほんとうにいいものって、ネットとかでは見つけにくいね。自分でも大事にしてるものって、blogとかには書かないし。やっぱり友達だけに教えたり、貴重な情報も友達からくることが多い。
OPENERSではそういうネットの「しばり」みたいなものをとっぱらいたい。ここにくれば、いいものがなんだか知ってる大人が、好きなことを書いてる、っていうサイトにしたい。
決して分かりやすいことばかりじゃないだろう。
しかし、そこから何を見つけるかは、君しだいだ。

Fashion Director

SUKEZANE Tomoki

祐真朋樹

僕はものごころついて以来、ず~っと格好いい男になりたいと思ってこれまで生きてきました。
僕にとっての「格好いい男」とはどんなものかと言えば、
美しいものを愛せる豊かな心を持つ男、って感じですかね。
つねに素敵な服、物、人と接していられるような、そんな生き方を選んだ人たちが楽しめるメディア、
オウプナーズをつくっていきたいと思います。

Editor / Journalist

SUZUKI Masafumi

鈴木正文

美しいものや美しい生きかた、美しいかんがえかたへの芽生えは、じぶんのそれまでの経験のワクをはるかに超えた美しいものとの出合いから生まれるものだとおもいます。
僕たちはいつそんな「出合い」に出合うともかぎりません。それはどこかだったり、だれかだったり、なにかのモノだったり、本だったり、音楽だったり、絵画や彫刻だったり、芝居だったり、あるいはそういうことばにできないなにかだったり、それこそ予測も予想も不能です。
このウェブマガジンがどういうものになるのか、それをいまから予言することはできませんが、「OPENERS」というタイトルはとてもいい、とおもいます。
「目を見開いてくれるなにか」という意味だからです。この「OPENERS」が、なにか美しいものとの出合いの場となることが、いちばん大事なことだ、とおもいます。
坂本龍一さんや祐真朋樹さんなどと一緒に、そういう場をつくっていければ、「OPENERS」は、僕じしんにとっても予想を超えた「美しいもの」との出合いの場になるでしょう。僕たちは、美しいものをめざします!