東京モーターショー2017を斬る 小川フミオ篇|Tokyo Motor Show 2017

東京モーターショー2017を斬る 小川フミオ篇|Tokyo Motor Show 2017

CAR FEATURES

Tokyo Motor Show 2017|東京モーターショー2017

東京モーターショー2017を斬る 小川フミオ篇

2年に1度に開催される国内最大規模のショー、東京モーターショー2017が開幕した。一般公開に先立ち各社がカンファレンスを行うプレスデイを見て回ったモーターショージャーナリストの目による、今回のショーの総括。第二回は小川フミオ氏。

東京モーターショー2017を斬る 第一回 金子浩久篇

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki & others

モーターショーはいつでも面白い

2017年の第45回東京モーターショーは面白かった。僕にとって、モーターショーはいつも面白いのだ。新聞などでは“さえなかった”という論調を目にするけれど、なんでそう感じたのだろう。

面白かった理由は、クルマのバリエーションが多く見られたからだ。いたってシンプルな理由である。とくにドイツのメーカーはがんばった。

9月のフランクフルト自動車ショーの直後で息切れが心配されたが、しっかりしたコンセプトによる展示でショーを引き締めてくれた。

Suzuki e-Survivor|スズキ e-サバイバー

Suzuki e-Survivor

smart vision EQ fortwo|スマート ヴィジョン EQ フォーツー

smart vision EQ fortwo

展示の支配的な傾向としては予想されたとおりEVである。そのバリエーションとしてEVのスポーツカー、EVのSUV、EVのパーソナルモビリティといったものが目をひいた。

ショーカーとしてスズキの「e-SURVIVOR(イーサバイバー)」などは(現実味は乏しくても)気分を浮き立たせてくれた。本田技研の丸目がぱっちりした丸目が印象的な「スポーツEVコンセプト」も同様だ。

なかでも記憶に強く残るのは、メルセデスのブースだ。先ごろ「EQ」というEVを統括するブランドを立ち上げた同社。東京には燃料電池の「GLC F-Cell」をはじめ3台のEVを持ちこんだ。

うちスマートの「smart vision EQ fortwo」は親会社のダイムラーが提案している「CASE」という未来のスマートシティ構想における重要なプレイヤーだ。完全自動運転を提案するパーソナルモビリティである。