バーチャルな世界から誕生したコンセプトカー「ランボ V12ビジョン・グランツーリスモ」を発表|Lamborghini
CAR / NEWS
2019年11月29日

バーチャルな世界から誕生したコンセプトカー「ランボ V12ビジョン・グランツーリスモ」を発表|Lamborghini

Lamborghini Lambo V12 Vision Gran Turismo|ランボルギーニ ランボV12ビジョン・グランツーリスモ

グランツーリスモのために開発した新モデルのコンセプトモデルを披露

Lamborghiniは現地時間の11月24日(日)、バーチャルな世界から誕生したコンセプトカー「ランボ V12ビジョン・グランツーリスモ」を発表。このモデルは2020年春からプレイステーション4の「グランツーリスモSPORT」に登場する予定だ。

Text by YANAKA Tomomi

未来的なデザインが採用されたシングルシーター

モナコ・モンテカルロで開かれた「FIAグランツーリスモ チャンピオンシップ」ワールドファイナルの舞台で披露された「ランボ V12ビジョン・グランツーリスモ(GT)」。eスポーツとしても人気の「グランツーリスモ」用に開発されたモデルで、“ドライビングの楽しさ”に重点を置いた先見的なコンセプトモデルだとランボルギーニでは謳う。

実際にコンセプトモデルとして姿を現した「ランボ V12ビジョンGT」は、シングルシーターで「シアンFKP」と同じパワートレインの搭載が想定されている。
デザインは、ランボルギーニのデザインDNAをベースに、未来的なデザインを採用。ランボルギーニのすべてのモデルに見られる象徴的なシルエットであるセンターラインを中心に、助手席が不要なレーシングゲーム用に考えられたシングルシーターを強調する。

またY字のテールライトが組み込まれた大型ウイングが、リアでの存在感を放ち、メインボディはフェンダーから独立。六角形をモチーフにしたサイドウィンドウのデザインは1968年の「マルツァル」にインスピレーションを得ているという。
インテリアも近未来的な雰囲気が与えられ、ドライバーは戦闘機のパイロットのようにクルマの前から乗り込み、主な操作ボタンはステアリングホイール内に配置されて、すべての情報はドライバーの視線上にバーチャルに投影される。
この「ランボ V12ビジョンGT」は2020年春に発売される「グランツーリスモSPORT」で体感することができる。
問い合わせ先

ランボルギーニ
公式サイト
https://www.lamborghini.com/jp-en
公式facebook
https://www.facebook.com/LamborghiniJapan

                      
Photo Gallery