アストンマーティン初のSUV、「DBX」のインテリア詳細と価格が明らかに|ASTON MARTIN
CAR / NEWS
2019年11月19日

アストンマーティン初のSUV、「DBX」のインテリア詳細と価格が明らかに|ASTON MARTIN

ASTON MARTIN DBX|アストンマーティンDBX

アストンマーティンが、新型DBXのインテリア詳細と価格を発表

英アストンマーティンは、20日に世界公開が予定されている同社初のSUV「DBX」のインテリアを発表。さらに英国で15万8,000ポンド、ドイツで19万3,500ユーロ、日本で2,299万5,000円という希望小売価格も発表された。

Text by HARA Akira

自宅でくつろいでいるような安心感を得られるインテリア

徹底的な顧客調査の結果を反映したDBXのインテリアは、アストンマーティンの高度なクラフツマンシップを結集して制作されたもので、足を踏み入れた瞬間から自宅でくつろいでいるような安心感を与えるとされる。
運転席は、6カ月の期間を費やしてポジションを定義。シートとステアリングコラムを希望の位置に動かすことで、すべてのコントロール類、ディスプレイ、ウインドウを通して明瞭な視界を確保。渋滞時や他のクルマと接近しているときでも、自信をもってクルマを運転できるようになっている。

ダッシュボードは、DBXの広々としたスペース感と豪華さを強調。各スイッチ類やダイヤル類は、同社が設置した「Female Advisory Board(女性諮問委員会)や、富裕層に関するカスタマークリニックの専門家の意見を参考にしながら慎重に配置し、座席に座った瞬間からすぐに親しみが感じられるという。
ダッシュ中央のディスプレーは大型サイズにもかかわらず、エレガントなインテリアの雰囲気を損なわないように配置。SUVにとって重要な収納スペースも同様で、浮かんでいるように見えるブリッジタイプのセンターコンソール下部にスペースを設け、ハンドバッグや1.5リッターサイズのペットボトルなど大きなアイテムを置くことができるようになっている。
リアシートは、適度な包まれ感と優れた前方視界を両立する「スタジアムシート」と呼ばれるシートアレンジを採用。クラス最高レベルの前後レッグルームやパノラマガラス・サンルーフなど、同社が培ってきたスポーツカーのパッケージング手法により、ライバルのSUVモデルをしのぐニースペースとフットスペースを確保し、どのシートに座っても明るく開放的なスペースからリラックスして外の世界を眺めることができると謳われる。
新型DBXは11月20日に中国・北京でお披露目される予定で、予約受付も同日以降に開始される予定だ。
                      
Photo Gallery