フラッグシップクーペ「LC」にレクサスが掲げる「クラフテッド」の思想を具現した特別仕様車が登場|Lexus
CAR / NEWS
2019年9月30日

フラッグシップクーペ「LC」にレクサスが掲げる「クラフテッド」の思想を具現した特別仕様車が登場|Lexus

LEXUS LC PATINA Elegance|レクサス LC パティーナ・エレガンス

LEXUS IS I Blue|レクサス IS アイ・ブルー

レクサスが掲げる「クラフテッド」の思想を具現した2つの特別仕様車

レクサスはフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車「パティーナ・エレガンス」を100台限定で設定。またFRセダン「IS」には特別仕様車「アイ・ブルー」を設定し、いずれも10月1日(火)から販売を開始する。

Text by YANAKA Tomomi

柔らかく心地よいL-ANILINE本革シートを使ったシックなツートーンカラーの内装

レクサスのフラッグシップクーペ「LC」とFRセダン「IS」に特別仕様車が登場した。開発の礎となっているのが、レクサス掲げるフィロソフィ「CRAFTED(クラフテッド)」。日本の美意識やユーザーが求める“曖昧なもの”を察する感性をもって、匠の技から先端テクノロジーまであらゆる手段で体現させていく思想という。

LCについては、5.0リッターV8エンジンの「LC500」と3.5リッターV6ハイブリッドエンジンの「LC500h」のいずれにも設定される。インテリアにはレクサスが独自に開発し、柔らかさを追求したL-ANILINE本革シートと、プレミアムレザーを使用した本革ステアリングが採用された。
室内は、特別仕様車専用内装カラーのパティーナブラウンとドアトリムやL-ANILINE本革シートに配された華やかなブラウンのコンビネーションカラーとなり、優雅かつ洗練された雰囲気を演出する。

ボディカラーは特別仕様車専用カラーで新色のテレーンカーキマイカメタリックのほか、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレークの3色を設定。販売台数は100台限定で、価格は、LC500hが1,450万円、ハイブリッドモデルのLC500hが1,400万円となる。
24 件
                      
Photo Gallery