電動化された魂──ポルシェのフル EV「タイカン」がジャパンプレミア|Porsche
CAR / NEWS
2019年11月22日

電動化された魂──ポルシェのフル EV「タイカン」がジャパンプレミア|Porsche

Porsche Taycan|ポルシェ タイカン

ポルシェのフル EV「タイカン」がジャパンプレミア

11月20日、東京都内でポルシェ初のフル電動4ドアスポーツサルーンとなる「タイカン」のジャパンプレミアが行われた。

Text by HARA Akira
Photographs by HARA Akira、Porsche Japan

タイカンは「Soul Electrified(電動化された魂)」

今年8月にポルシェジャパンの社長に就任したばかりのミヒャエル・キルシュ氏は、「ドイツ人として初めてポルシェ ジャパンの社長になる私ですが、他のアジア諸国とは違う日本のビジネス習慣を積極的に学び、ユーザーと交流したいと思っています。ポルシェ ジャパンのメンバーやディーラーとも協力し、ポルシェというブランドがさらに成功するという任務を果たしたい」とあいさつ。新型タイカンについては、「Soul Electrified(電動化された魂)」であると紹介した。

向かって右がポルシェジャパン社長にのミヒャエル・キルシュ氏、
左がマーケティング部プロダクトマネージャーのアレキサンダー・クワース氏
アンベールされた新型タイカンは、鮮やかなレッドカラーをまとった「ターボ」モデル。タイカンにはトップモデルとなる「ターボS」と、スタンダードな「4S」も用意される。
タイカンの技術的特徴を説明したのは、マーケティング部プロダクトマネージャーのアレキサンダー・クワース氏だ。以前京都で学んだクワース氏の流暢な日本語でのプレゼンは、このタイカンの技術面をより深く理解させた。

「タイカンは、新しい世代を迎えるポルシェのアイコン。間違いなく本物のポルシェだと断言できます」とクアース氏が説明するエクステリアは、伝統的なポルシェの特徴と、EVならではの特徴が随所に現れた、新しいスタイルだ。
強く張り出したフェンダーや抑揚のあるボンネットはポルシェ伝統のデザインである一方、エンジンスペースがない分ボンネットが通常のモデルより低いためフェンダーとのメリハリが強くなり、クラッシックポルシェのようだ、と説明。

重要なエレメントであるマトリックスビーム内蔵の4灯式ヘッドライトはその下にエアカーテンを装備し、そこからエアーをホイールハウスに流すことで車幅が狭くなったのと同じ空気抵抗となるという。

サイドビューは大型の4ドアセダンながらも、傾斜するルーフラインやパワフルなリアフェンダーによりパナメーラより911に近いとし、スポーツカーとしてデザインしたという。

また、リアは電動化によるマフラーレスのデザインで、水平に伸びるガラス製ライトスプリットとガラスルックのPORSCHEロゴが先進的なイメージを与え、これもハイライトの一つであるであるとした。
35 件
                      
Photo Gallery