安全運転支援システムが標準装備に──ホンダ、シビックを一部改良|Honda
CAR / NEWS
2020年1月16日

安全運転支援システムが標準装備に──ホンダ、シビックを一部改良|Honda

Honda Civic Sedan|ホンダ シビック セダン

Honda Civic Hatchback|ホンダ シビック ハッチバック

シビックがブラッシュアップ

ホンダは1月10日(金)、「シビック セダン」と「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日(木)から販売すると発表した。

Text by YANAKA Tomomi

エクステリアデザインも一部変更

2017年に現行モデルが発表されたシビック。今回のブラッシュアップでは、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備するほか、エクステリアデザインの変更などが行われた。

シビックセダン
シビックセダンでは、フロントバンパーやリアガーニッシュのデザインやアルミホイールのカラーを変更。インテリアではコンビシートを標準装備とし、上質感が追求された。
ハッチバックでもデザイン変更のほか、トップロードサンルーフを追加。また6段MT車のシフトノブの形状をショートストローク化することで、小気味よく決まるギアシフトを目指したという。

シビックハッチバック
パワートレインに変更はなく、1.5リッターターボエンジンが搭載され、トランスミッションはCVTでハッチバックのみ6段MTを設定。いずれもFFとなる。

シビックハッチバック
ボディカラーは、セダンが新色プレミアムクリスタルブルー・メタリックを含む6色を展開。ハッチバックは3色の新色を加えた5色が用意された。
価格はセダンが276万1000円、ハッチバックはCVT、6MTともに294万8,000円となる。
問い合わせ先

お客様相談センター

Tel.0120-112010
https://www.honda.co.jp/

                      
Photo Gallery