アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi
CAR / NEWS
2019年11月8日

アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi

ホイールベースが95mm長くなり居住性が向上

Audi A1 Sportback 35TFSI advanced|アウディ A1 スポーツバック35TFSI アドバンスト

Audi A1 Sportback 35TFSI S line|アウディ A1 スポーツバック35TFSI Sライン

Audi A1 Sportback 1st edition|アウディ A1 スポーツバック ファーストエディション

アウディ のコンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ

アウディ ジャパンは11月1日、フルモデルチェンジして2代目となったコンパクトハッチモデル「アウディ A1スポーツバック」を東京都内で初披露した。

Text & Photographs  by HARA Akira

エクステリアデザインはアウディ スポーツクワトロ

新型A1スポーツバックの発表会が行われたのは、東京・南青山の「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA」。広い敷地内には、ブルー、グリーン、イエロー、ホワイト、レッドなどカラフルな新型A1スポーツバックが並べられている。

記者発表で登壇したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長は、「A1スポーツバックは、アウディ で最も小さいプレミアムコンパクトハッチバックモデルです。初代は2011年に導入され、世界で90万台、日本で3万台が販売されました。

今回8年ぶりにモデルチェンジした新型は、乗員スペースを拡大することで、一つ上のセグメントを楽しんでいたユーザーにも十分満足できるクルマに仕上げました。全長4メートルの小型ボディですが、先進的で力強いデザイン、機敏な運動性能、先進機能というアウディのラインナップに共通する魅力をギュッと凝縮した“100%ピュア アウディ ”といえるクルマです。」と紹介した。

エクステリアデザインについては「幅広く低い位置にあるシングルフレームグリル、ボンネット先端の3つのスリット、サイドのワイドなCピラーはスポーティな見た目を演出するとともに、全てが1980年代の『アウディ スポーツクワトロ』へのオマージュとなっています」。

また、インテリアについては、「運転席側に傾斜したインストルメントパネルにより、コックピットという言葉にふさわしいドライバー中心の空間となりました。メータークラスターには上級モデル同様の10.25インチフル液晶ディスプレー、センターコンソールにはオプションで10.1インチタッチスクリーン式ナビを用意。デジタル化については、アップルやアンドロイドに対応できるアウディスマートフォンインターフェイス、ワイヤレスチャージング(オプション)を装備しています。」と説明。
28 件
                      
Photo Gallery