世界で750台限定、日本30台限定の「M4 エディション ヘリテージ」発売|BMW
CAR / NEWS
2020年1月24日

世界で750台限定、日本30台限定の「M4 エディション ヘリテージ」発売|BMW

BMW M4 Edition Heritage|BMW M4 エディション ヘリテージ

世界で750台限定、日本30台限定の「M4 エディション ヘリテージ」発売

ビー・エム・ダブリューは、BMW M社が手掛けたクーペ「M4」に世界750台限定で生産する特別限定車「M4 エディション ヘリテージ」を発表。日本では30台限定で発売された。

Text by YANAKA Tomomi

各国のサーキットをイメージしたボディカラーを採用

モータースポーツで鍛えた技術を結集し、BMW M社が開発した高性能スポーツクーペM4に、各国のサーキットをイメージしたボディカラーなどを纏った特別限定車「エディション ヘリテージ」が登場した。

ベースとなるのは、通常のM4よりも性能を高めたM4コンペティション。3リッター直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は通常のM4より14kW(19ps)大きい331kW(450ps)まで高められており、7段M DCTトランスミッションを組み合わせることで、ヨーロッパ仕様車の0-100km/h加速は4.1秒を記録する。
このほかにもトルクを左右リヤホイール間で自由に配分するアクティブMディファレンシャルや、Mスポーツ エキゾーストシステムなど、M専用装備が与えられているのが特徴だ。

そして今回登場したM4エディション ヘリテージでは、ボディカラーに北米カリフォルニアのラグナ セカ サーキットをイメージした「ラグナ セカ ブルー」や、ビロード生地のような洗練された光沢感をイメージさせる「ベルベット ブルー」、イタリアのイモラ サーキットをフィーチャーした「イモラ レッド」の3色をラインアップ。内装にはそれぞれのカラーに合わせてコーディネートしたメリノ レザーが採用されている。
特別装備では、こちらも専用カラーとなるオービット グレーに塗装され引き締まった足回りを演出する20インチMライト アロイ スポーク スタイル666Mや、Mモデルを象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフ、そしてカーボンインテリアを用意。
さらに、「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションがインテリアやドアシルに与えられ、限定モデルらしさが高められた。
M4 エディション ヘリテージの日本での販売台数は「ラグナ セカ ブルー」が15台、「ベルベット ブルー」が10台、「イモラ レッド」が5台の計30台限定。価格は1,545万円となる。
問い合わせ先

BMW カスタマー・インタラクション・センター

Tel.0120-269-437(平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00)
https://www.bmw.co.jp/

                      
Photo Gallery