歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M235i xDrive グラン クーペ の真価|BMW
CAR / FEATURES
2020年7月31日

歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M235i xDrive グラン クーペ の真価|BMW

優れた審美眼を持つ人が選ぶクルマ

話はセンス、審美眼にも及ぶ。その日、二人が腕にしていたのがスイスメイドを代表する、同じブランドの機械式時計だったことも、その話題に拍車をかけた。伝統を継承しつつ新たな挑戦をする者同士として、クルマ好き同士、レスポンス良く話が弾む。
「BMWのMモデルは職人魂みたいなものを宿している」と語る中村獅童さん
獅童 「あのクルマを選ぶ方は、なかなかの審美眼の持ち主かもしれない。BMWならではの職人魂みたいなものを宿しているし、さらにそれが濃厚なMモデルというのがまたいい。スポーティの何たるかを知り尽くした熟練職人の技、みたいなものを感じます。僕の歌舞伎も、八木さんの伝統工芸の世界も、そしてBMW Mモデルのようなクルマも、結局、つくり手の魂を感じられるものが人の心を動かすのだと思います」
八木 「おっしゃる通りですね。僕はかつてBMW3シリーズに乗っていたことがあるのですが、ドライバーズシートに座ったときの包まれた感、安心感にもそれを感じました」
「アクセルペダルを踏んだときの気持ちよさ、ワクワク感はさすがさすがMモデル」と語る八木隆裕さん
獅童 「スポーティだけどしなやかでもある。見た目だけじゃなくて、エンジンや足回りをはじめ、しっかりと細部までMモデルとして妥協なく仕上げられている。そこにもつくり手の魂が感じられるし、男心がくすぐられます。これは運転してみないとなかなか分からないだろうな」
八木 「BMW Mモデルは、そういうバランスに長けていますね」
獅童 「BMWには『駆けぬける歓び』というフレーズがあるけど、その通りですね。特にMモデルは、何にも増してドライバーが一番楽しいクルマなんだと思います。たぶん(BMW M235i xDrive グラン クーペは)、BMWにしか造れないモデルなんだろうな」
BMW M235i xDrive グラン クーペが携えていた“熟練と感性”がもたらすパファーマンスに刺激されたのだろう、その後もクルマ談義は尽きない。当代きっての歌舞伎俳優と、熟練の技を持つ伝統工芸家は、いつしかクルマ好き同士ならではの無垢な笑顔となっていた。
中村獅童|NAKAMURA Shido
歌舞俳優。1972年東京都生まれ。祖父は歌舞伎界の名門である、昭和の名女形と謳われた三世・中村時蔵。父は三世時蔵の三男・三喜雄。8歳の時に歌舞伎座にて初舞台を踏む。俳優としてテレビや映画でも活躍するほか、伝統的な歌舞伎とデジタルを融合すべく、バーチャルアイドルの初音ミクと共演するなど、常に新しい挑戦をしつづけている。2020年8月16日(日)には、その初音ミクが出演する「超歌舞伎 Supported by NTT」が、「ニコニコネット超会議2020」の中で一夜限りオンライン上演される。
https://chokaigi.jp/2020summer/plan/chokabuki.html
八木隆裕|YAGI Takahiro
株式会社開化堂代表取締役。1974年京都市生まれ。京都産業大学外国語学部卒業。2017年に社長に就任。1875年に創業し、日本で初めて金属製の茶筒を手掛けたといわれる開化堂の6代目として伝統を受け継ぎつつ、ミラノサローネをはじめとするイベントやワークショップなどを通して、その魅力を海外にも発信している。
https://www.kaikado.jp/
Spec
BMW M235i xDrive Gran Coupe|ビー・エム・ダブリュー M235i xDrive グラン クーペ
ボディサイズ|全長4,540×全幅1,800×全高1,430mm
ホイールベース|2,670mm
車両重量|1,590kg
エンジン|1,998cc 直列4気筒DOHCターボ
最高出力|225kW(306ps)/5,000rpm
最大トルク|450Nm(45.9kgm)/1,750-4,500rpm
トランスミッション|8段AT
駆動方式|4WD
タイヤ|225/40R18
価格|665万円
問い合わせ先

BMW カスタマー・インタラクション・センター
Tel.0120-269-437(平日9:00-19:00、土日祝9:00-18:00)
https://www.bmw.co.jp/

64 件
                      
Photo Gallery