そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

Peugeot 3008

CAR MOTOR SHOW

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その2

そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの戦略とは?

大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017。新型のスーパーカーが華々しくデビューする一方で、相変わらず人気のSUVたちが覇を競い合う。またプラグインハイブリッドなどのエコカーや最新技術も人々の強い関心を集めた。そんなアタリ年の会場を巡った南陽一浩氏によるリポートを3部に分けて報告する。第2回は、隆盛衰えないSUVに注目。

⇒解析その1 スーパーカー篇

Photogtaphs by MOCHIZUKI HirohikoText by NANYO Kazuhiro

SUVがみせる変化

今年のジュネーブ モーターショーもBセグからハイエンドまで、大小さまざまのSUVが登場した。ワールドプレミアだけでなく追加モデルや今後登場するコンセプト、欧州プレミアまで、20数台以上のSUVが発表されたことになる。

ちなみにジュネーブは欧州カーオブザイヤー発表の場だが、SUVとして初めてプジョー「3008」が受賞したことは象徴的だ。多かれ少なかれ保守的で、屋根の低いスポーツカーを好みがちな自動車ジャーナリズムが選んだ事実は、それだけSUVというジャンルが普通の選択肢になったことの証左だろう。

Audi Q8 Sport concept|アウディ Q8 スポーツ コンセプト

Audi Q8 Sport concept

Nissan Qashqai|日産 キャシュカイ

Nissan Qashqai

ただし、従来のSUVのおおよそのサイズ感に変化が生じている。Eセグメントが全長4.9メートル前後、Dセグメント4.65メートル前後、Cセグメント4.45メートル前後というのが一般的だったが、新規のSUVはオーバーサイズ気味になる傾向が見受けられるのだ。

SUVというカテゴリーのなかで先行モデルとの差別化は必要だが、多くのニューモデルがデザイン的に冒険するのではなく大きく立派になることを目指しており、さらに内装のクオリティやトランク容量でアドバンテージを稼ぐという、かつてセダンがたどった過程をなぞっているようなのだ。