プジョー308GTi と308R HYBridに試乗|Peugeot

プジョー308GTi と308R HYBridに試乗|Peugeot

Peugot 308GTi

CAR IMPRESSION

Peugot 308GTi|プジョー 308GTi

Peugeot 308R HYBrid|プジョー 308R ハイブリッド

プジョー308GTi と308R HYBridに試乗

500ps を誇るスーパーPHEV

フランクフルトモーターショー2015で、プジョーブースの主役を務めた「308R ハイブリッド」。モータージャーナリスト南陽一浩が、500psを誇るこのスーパーPHEVにさっそくフランスで試乗した。同時に乗った308GTiとともにリポートする。

Text by NANYO Kazuhiro

純粋に走る・曲がる・止まるの操作を楽しめる

合計出力500ps、最大トルク730Nmを掲げるプジョー「308R HYBrid」を、昨年秋のフランクフルト モーターショーで見たときは、少なからず驚いた。いかにPSA最新のプラットフォームEMP2とはいえ、ベースはCセグメントのFFコンパクトに過ぎないからだ。内燃機関に加え、電気モーター×2基を前後の各車軸に組み合わせたプラグイン ハイブリッド(以下PHEV)は、270ps+115ps×2=500ps、または330Nm+200Nm×2=730Nmと、机上の公式としては美しい。だがバランス的に盛り過ぎてないか? そんな危惧をいきおい抱かせるというか、エンジニアリング的に無理筋でないか?と思ってしまったのだ。

Peugot 308GTi|プジョー 308GTi

Peugot 308GTi

Peugot 308GTi|プジョー 308GTi

だから数ヵ月もしないうちにサーキットで乗れることになって、そこまでの完成度を備えたプロトタイプとは予想していなかった分、さらに驚いた。加えて幸運にも、308R HYBridに乗るサーキットまで移動の足に用意されたのは、ベース車となった市販モデルで、2016年春に日本に上陸する予定の「308GTi」だった。というわけで2台の試乗記をお届けしたい。

まず308GTiの外観で特徴的なのは、「クープ・フランシュ(スパッと切り落とすこと)」と呼ばれるボディを前2 :後1で塗り分けた、赤と黒のツートーンカラーだ。ドブ漬けで塗られたボディを再度、手作業でリア1/3だけ塗装を剥がして塗り直しているそうで、なかなか手間がかかっている。スプリングやダンパーが強化され、ノーマル比で車高は11mm低い。また通常モデルでは水平基調だったフロントグリルも、ブラックアウトされた横長ダミエ(市松模様)の専用パーツとなっている。あとはマフラーエンドぐらいが、外観上の違いだ。

Peugot 308GTi|プジョー 308GTi

Peugot 308GTi

Peugot 308GTi|プジョー 308GTi

走り出して即座に気づくのは、基本的な操作タッチやフィールが、きわめて高いレベルにある点だ。そもそもまず、シートのホールド感が抜群。肩まわりがブレにくく、当然それはステアリング操作の正確さを確保する。ステアリングやブレーキペダルの感触もしっとりしていて、6段MTの適度な摺動感と剛性も申し分ない。クラッチを繋いでもトランスミッションの揺れがレバーに振動となって伝わることもない。308GTiは純粋にMT車として、走る・曲がる・止まるの操作だけでも楽しめる一台なのだ。

乗り心地も、235/ 35R19というサイズのタイヤを履いているにしては驚異的に快適だ。サスペンションの横剛性が高い分、50km/h程度で街中などうねった路面を通過する際はステアリングを多少とられてボディが揺すられる。だが、ひとたび郊外に出て速度域が高まれば、むしろ足回りのなめらかさが増してくる感覚だ。