ボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始|Volvo

ボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始|Volvo

CAR NEWS

Volvo S90|ボルボ S90

Volvo V90|ボルボ V90

Volvo V90 Crosscountry|ボルボ V90 クロスカントリー

ボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始

ボルボ・カー・ジャパンはラインナップの最上級となる90シリーズに、セダンの「S90」、エステートの「V90」、クロスオーバーの「V90クロスカントリー」の3モデルを追加し、2月22日(水)より発売を開始した。これらモデルは「S80」「V70」「XC70」の後継となるもので、これにより「XC90」を含めた90シリーズのラインナップが完成した。なお、S90のみ500台限定となる。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

充実に先進安全・運転支援技術

ボルボ「90シリーズ」は、将来の電動化やコネクティビティ、自動運転等を見据えて開発された新世代プラットフォーム「スケーラブル プロダクト アーキテクチャー(SPA)」と、自社開発の新世代パワートレーン「Drive-E」を採用。北欧デザインのなかに先進の安全・運転支援技術を搭載した、ボルボの新世代フラッグシップモデル群だ。

注目の安全面においては、世界初の2つの安全技術を含む15種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備。世界初の「大型動物検知機能」は、スウェーデンで重傷事故の要因となっている、大型動物との衝突被害の軽減を目的としたシステムだ。日本でも北海道で起きることがあるエゾジカとの事故回避にも役立つ可能性が高い。

Volvo S90 / V90 / V90 Crosscountry
Volvo S90 / V90 / V90 Crosscountry

これは、従来のシティ・セーフティの歩行者・サイクリスト検知機能に加え、速度が4km/h以上のときに、前方に大型動物が検知された場合に警告を発し、運転者が警告に反応しない場合には、通常の最大制動力の約30パーセント(約0.3G)でブレーキが作動。衝突時には約15km/hの減速を可能とするものだ。70km/h以上の高速走行時にもっとも効果を発揮し、夜間にヘッドライトで照らされている場合でも検知が行われる。

また、世界初となる「ランオフロード ミティゲーション」は、先に発売されたSUVモデル「XC90」で発表された「ランオフロード プロテクション(道路逸脱事故被害軽減システム)」に加えて道路逸脱事故の対策として開発された、道路逸脱事故回避を支援する機能だ。

道路からの逸脱が差し迫っていると予測された場合にのみシステムが介入し、ステアリングを自動的に操作して道路上に戻す。この操作で十分に対応できない場合、ブレーキも作動させ減速。車載カメラが車線境界線や側線を検知した状態で、速度が65-140km/hのときに作動する。方向指示器を使用している場合など、ドライバーが自発的に運転している場合には介入をしない。

Volvo V90|ボルボ V90
s_18_IMG_4479

自動運転「レベル2」となる、「パイロット アシスト」も標準装備だ。これは、ステアリング操作を行い、車線の中央を走るようサポートする運転支援機能で、新型90シリーズに標準装備される「パイロット アシスト」では、前走車なしでも車線維持走行が可能となり、作動域は140km/hまでに拡大。フロントウィンドウに設置されたミリ波レーダーとカメラが一体となったユニット、ASDM(アクティブ セーフティ ドメイン マスター)が車線の検知と前方をモニターし、車線の維持走行と前方車両との距離の維持をサポートする。

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長の木村隆之氏は、「ボルボは、新しいボルボ車での事故による死亡者や重傷者を2020年までに0にする“セーフティビジョン2020”に取り組んでおります。これは2008年に発表し、それ以降ボルボはこのビジョンに向かって着実に進んでおり、今回導入する新しい90シリーズによって、このビジョンにさらに1歩近づくことになります」と述べ、「この90シリーズは2020年においても、新型車に置き換えられることなく販売が続けられる、いわば未来を先取りしたクルマです」と位置付けた。