レンジローバーの新モデル「ヴェラール」、ついに発表|Range Rover

レンジローバーの新モデル「ヴェラール」、ついに発表|Range Rover

CAR NEWS

Range Rover Velar|レンジローバー ヴェラール

レンジローバーの新モデル「ヴェラール」、ついに発表

ジャガー ランドローバーは、先日予告していたレンジローバーの新しいモデル「ヴェラール」のプレス発表をロンドンで行った。

Text by OGAWA Fumio

斬新なデザインをまとう新モデル

レンジローバー「ヴェラール(Velar)」が2017年3月1日にロンドンでお披露目された。4台めのレンジローバーとなる新世代。最大の特徴は滑らかなスタイリングだ。

英国のレンジローバーの特徴は、SUVでつねに新しい分野を開拓してきたことだ。「イヴォーク」しかり、そしてヴェラールしかりである。

レンジローバー スポーツ」と「レンジローバー イヴォーク」の間になるモデルとしてラインナップに連なることになるヴェラール。

ほとんど事前の画像公開なしにジャーナリスト向けにプレス発表会が行われたヴェラール。 “隠す”を意味するラテン語由来の車名は、かつて60年代に作られた初代レンジローバーのプロトタイプのニックネームだったそうだ。

オリジナル レンジローバーも1970年に発表されたときは、斬新なスタイルで見るひとを驚愕させたと資料にはある。

Range Rover Velar|レンジローバー ヴェラール
Range Rover Velar|レンジローバー ヴェラール

その意味でヴェラールはレンジローバーファミリーの一員となる権利を持っている。とりわけ斬新なデザインという意味ではイヴォークに近い。

プラットフォームはレンジローバーファミリーの中で唯一、ジャガー「Fペイス」と共用する。エンジンは2リッター4気筒と3リッター6気筒で、ガソリンとディーゼルが用意される。それに(Fペイスと同様)AWDシステムが組み合わせられる。

「このクルマのデザインテーマをひとことで表現するならリダクショニズム(reductionism)です」。発表会の席上で、ランドローバーのデザインを統括するジェリー・マクガバン氏は述べた。

スタイリングはそのコンセプトのとおり、じつにすっきりしている。突起がほとんどなく、美しい磁器のようなカーブとシンプルなラインで構成されている点が新しい。

インテリアも同様に斬新である。