日本に上陸したレンジローバー イヴォーク コンバーチブルに試乗|Range Rover

日本に上陸したレンジローバー イヴォーク コンバーチブルに試乗|Range Rover

CAR IMPRESSION

Land Rover Range Rover Evoque Convertible|ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

日本に上陸したレンジローバー イヴォーク コンバーチブルに試乗

気分を楽しくさせてくれるクルマ

2012年のジュネーブモーターショーでコンセプトカーとして発表された「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」。2015年には本国で正式デビューを果たし、約1年をの時を経て日本に上陸した同モデルにさっそく試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

いまだかつてなかったSUV

フルオープンのレンジローバー「イヴォーク コンバーチブル」が、2016年9月に日本で受注開始された。スタイリッシュなSUVとして唯一無二の存在感を誇っていたイヴォークに、さらにもう一つ、明確なキャラクターが印象的なモデルが加わったことになる。

レンジローバー イヴォークは2008年に発表されたモデル。4WDの高級リムジンとも言われるレンジローバーとは一線を画し、全長4.3メートルのコンパクトなボディを持っている。街乗りにもストレスなく使える実用性が評価されているのだ。いっぽうでスタイリングが大きな魅力である。小さくまとめられた(ように見える)グラスハウスが20インチのリムを持つ大径ホイールを持つボディと組み合わされたプロファイルは発表から8年たった今でも美しさを失っていない。(モデルによっては17~19インチリムもある)

Land Rover Range Rover Evoque Convertible|ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
Land Rover Range Rover Evoque Convertible|ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

今回追加されたイヴォーク コンバーチブルは、スタイリッシュなSUVというラインナップを補完する役割が大きい。こちらのオシャレっぷりも特筆ものだからだ。フルオープンにすると美しい内装も外観の一部になる。こんな演出効果を持つSUVはいまだかつてなかっただろう。いっぽうで幌を上げたときのスタイルもよい。クーペ的でありながら、さらにコンバーチブル独特のかっこよさがあるのだ。このモデルをまとめあげたチームの手腕はたいしたものだ。

エンジンは2リッター4気筒ターボで、「イヴォーク(4ドア)」や「イヴォーク クーペ」と共通だ。悪路などのためのウルトラ ロー ファースト ギアを組み込んだ9段オートマチック変速機と、オンデマンド型4WDシステムを備えている。4WDシステムは低負荷時は前輪駆動であり、路面の状況などにより電子制御で4WD化する。後輪に適切なトルク配分をするのに要する時間は0.3秒だという。

シャシーはオープン化によって剛性確保のために補強が入っているが、基本的にはメタルトップモデルと共用。2,660mmのホイールベースも同一だ。組み合わされるサスペンションシステムは前後独立懸架方式で、フロントがマクファーソン ストラット、リアがマルチリンクである。

Land Rover Range Rover Evoque Convertible|ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル
Land Rover Range Rover Evoque Convertible|ランドローバー レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

イヴォーク コンバーチブルのボディサイズはクーペに近い。全長で30mm延長され、全高で50mm高くなっているだけだ。4人の大人がちゃんと乗れるパッケージングが確保されている。重量はフロアなどの補強や、4つのモーターをはじめとする幌開閉のメカニズムを組み込んでいる分増加しており2,020kg。イヴォーク(4ドア)より230kg重い。

イヴォーク コンバーチブルは、では、ファッショナブルなスタイルがセリングポイントのニッチねらいのプロダクトなのか。実際はまったくそんなことはない。走りも堪能できるのだ。