ジャガー「F-Pace」国内試乗|Jaguar

ジャガー「F-Pace」国内試乗|Jaguar

CAR IMPRESSION

Jaguar F-Pace|ジャガー Fペイス

ワインディングロードが生んだ英国のSUV

ジャガー初のSUVモデルとして昨年9月にデビューした「F-Pace」。日本へは2015年の東京モーターショーでジャパンプレミアと同時に初回限定モデルの予約受付を行い、今年の6月にはついにカタログモデルが上陸したばかりだ。その最新SUVに小川フミオ氏が試乗し、そのキャラクター性を探った。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

Fペースを表す3つのキーワード

発表いらいずっと注目を集めてきた、ジャガーが手がけたSUV「Fペイス」がついに日本上陸した。高級SUVの人気が高まるなか、先陣を切って発売されたモデルともいえる。日本では2015年に東京モーターショーに出展されて大いなる話題をふりまいてきたモデルだ。Fペイスを支える3本の柱として「グレイス(優美さ)、ベイス(速さ)、スペイス(広さ)」という韻を踏んだキーワードが挙げられているのが興味ぶかい。

Fペイスの“グレイス”という点は、ジャガーのサルーンと共通するスタイリッシュさが印象的だ。SUV(スポーツ多目的車)を謳うものの、前後長を長めにとったルーフに加え、やや薄く感じるキャビンで「クーペ的」とジャガーカーズが表現するスタイルを持つのだ。やはりサルーンに準じる内装は、ダッシュボードやシートの素材など質感を重視したもので、ここにも優美さが感じられる。

Jaguar F-Pace|ジャガー Fペイス
Jaguar F-Pace|ジャガー Fペイス

“スペイス”は室内空間。4人のおとなには十分すぎるほどだ。フロントシートはやや高めの着座位置のため広々感がある。リアシートは後席重視といってもいいぐらい、ヘッドルームにもレッグルームにも余裕がある。オプションでグラスルーフをオーダーすればリアシートの爽快感はさらに高まる。空が頭上に大きく広がる感覚は新しい世代のリムジンといってもよい。

そして“ペイス”。速さはFペイスの魅力の大きな部分を占めている。日本仕様は3つのエンジンでラインナップが構成される。2リッター4気筒ディーゼル、2つの3リッターV型6気筒ガソリン(340馬力仕様と380馬力仕様)だ。どのパワーユニットもすでに日本では「XE」や「XF」、さらにスポーツカーの「Fタイプ」などで紹介ずみのものだが、どれもすばらしく洗練されていて、全長4,740mmと大ぶりなボディにかかわらず必要にして十分な力を持っている。さらにエンジンによってはそれ以上。余りある力強さがある。

印象ぶかかったのは、ディーゼルエンジン搭載の「F-Pace 20 d」だ。