FASHION

オンラインオーダーシャツの販売を行うSolveから、希少なカシミヤを使用した「カシミヤマフラー」を1月15日(金)よりSOLVE(ソルブ)公式オンラインストアにて発売。

「SOLVE(ソルブ)」は、高品質な生地を使用したオーダーメイドシャツを、ECで簡単に注文できるオンラインオーダーシャツブランド。SOLVEブランドから初となるマフラーの販売を開始した。
新発売となる「カシミヤマフラー」は、一頭のカシミヤ山羊からわずか200gしか採れない希少なカシミヤを使用し、素材にこだわり、高い保温性と軽くて柔らかい付け心地を実現した製品。今回発売となるマフラーは、12種類の豊富なカラーバリエーションをご用意しており、使用する糸も15・20・56・400番手の4種類で製造し、異なる質感を体感できる。オーダーシャツブランドならではの、生地にこだわった製品だ。

■Solveのカシミヤマフラーの特徴 

1.希少なカシミヤを使用し、軽く柔らかい付け心地と高い保温性を実現
カシミヤとは、カシミヤ山羊から採取した柔らかい産毛が原料で、軽くて柔らかく保温性が高い特長。
中でもSOLVEの「カシミヤマフラー」は内モンゴル産のカシミヤを使用。
内モンゴルは、マイナス30度にもなる厳冬の地域で、その寒さから身を守るため、カシミヤ山羊の毛質は寒気や乾燥に強い耐久力を持ち、環境に順応した毛質になっている。カシミヤは一頭からわずか200グラム前後しか採れないため、その希少性から「繊維の宝石」とも呼ばれている。

2.フォーマル・カジュアルどちらのシーンにも合う、控えめながらもたしかな存在感のある光沢
本製品は、希少なカシミヤの中でもさらに希少な白い毛を加工。ダークグレーやベージュなど、12種類のカラーバリエーションを用意しており、どれも控えめながらもたしかな存在感の光沢が特長。 NEW 2021.01.20
希少なカシミヤを使用し、軽やかで優美なデザインに オンラインオーダーシ…
オンラインオーダーシャツの販売を行うSolveから、希少なカシミヤを使用した「カシミヤマフラー」を1月15日(金)よりSOLVE(ソルブ)公式オンラインストアにて発売。 「SOLVE(ソルブ)」は、高品質な生地を使用したオーダーメイド…
香りアイテムを多数取り扱うサブスクリプションサービス「COLORIA(カラリア)」を運営する株式会社HighLink(本社:東京都渋谷区、代表取締役:南木将宏)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役(兼)社長執行役員COO山下昌宏)から新しく女性向けに誕生した「セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード」と連携し、2020年12月18日(金)よりカード会員向け優待を開始した。 NEW 2021.01.20
香りのサブスク「COLORIA(カラリア)」が、日本初の月会費制「セゾンロー…
香りアイテムを多数取り扱うサブスクリプションサービス「COLORIA(カラリア)」を運営する株式会社HighLink(本社:東京都渋谷区、代表取締役:南木将宏)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役(兼)社長執行役…
国内屈指の「仮縫付フルオーダースーツ」を提供するTHE OFFICER’S(銀座サカエヤ)は、「タートルネックニット」のオーダーメイドをリリースした。 2020.12.15
今季のお洒落は首元から! 日本初の仮縫付フルオーダータートルネックニット
国内屈指の「仮縫付フルオーダースーツ」を提供するTHE OFFICER’S(銀座サカエヤ)は、「タートルネックニット」のオーダーメイドをリリースした。
国内屈指の「仮縫付フルオーダースーツ」を提供するTHE OFFICER’S(銀座サカエヤ)は、超撥水・防汚加工を備えた“仮縫付”フルオーダーホワイトジーンズの取り扱いを12月2日(水)よりスタートした。 2020.12.15
THE OFFICER’Sから超撥水・防汚加工を施した “仮縫付”フルオーダーホワイ…
国内屈指の「仮縫付フルオーダースーツ」を提供するTHE OFFICER’S(銀座サカエヤ)は、超撥水・防汚加工を備えた“仮縫付”フルオーダーホワイトジーンズの取り扱いを12月2日(水)よりスタートした。
「動くひとの、音」をブランドスローガンに掲げたモバイルのためのオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品として、スタンダートモデルの完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」と「Sound Air TW-5000s」の後継機、「Sound Air TW-7100」、「Sound Air TW-5100」の2製品が2020年10月23日より発売される。 2020.10.20
オーディオブランド「GLIDiC」、 機能を進化させた完全ワイヤレスイヤホン…
「動くひとの、音」をブランドスローガンに掲げたモバイルのためのオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」の新製品として、スタンダートモデルの完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」と「Sound Air TW-5000s」の後継機…
 株式会社ペガサス(代表取締役:吉川元宏、神奈川県横浜市)は、防災機能を備えたアイテムを展開するアパレルブランド『M-ZERO(エムゼロ)』を「防災の日」である9月1日(火)にローンチした。また、2020年AWのアンバサダーとして起用した俳優の片桐仁さん、モデル・女優の香里奈さんがプロデュースしたアイテムの予約販売を開始した。またお二人が出演する新WEBCMも同日より公開中。 2020.09.04
~まいにち使える服を、いのちを救える服に~『 M-ZERO(エムゼロ)』が9…
 株式会社ペガサス(代表取締役:吉川元宏、神奈川県横浜市)は、防災機能を備えたアイテムを展開するアパレルブランド『M-ZERO(エムゼロ)』を「防災の日」である9月1日(火)にローンチした。また、2020年AWのアンバサダーとして起…
XFLAGが外部パートナーとコラボレーションするプロジェクト「XFLAG LAB」を始動。FC東京×atmos×umbroのコラボスニーカーとTシャツを8月8日(土)に発売する。 2020.08.07
XFLAGが新プロジェクト「XFLAG LAB」を始動!スポーツとストリートを融合…
XFLAGが外部パートナーとコラボレーションするプロジェクト「XFLAG LAB」を始動。FC東京×atmos×umbroのコラボスニーカーとTシャツを8月8日(土)に発売する。
スイスのパフォーマンスブランド【On】から、ブランド初の「Twin CloudTec®」を備えた、On史上最速のレーシングシューズ「Cloudboom」が登場! 2020.07.17
On 史上最速のレーシングシューズ「Cloudboom」が登場!
スイスのパフォーマンスブランド【On】から、ブランド初の「Twin CloudTec®」を備えた、On史上最速のレーシングシューズ「Cloudboom」が登場!
ロエベの 春夏メンズ・コレクション発表にあたり、ロエベは公式インスタグラム及びホームページ上で24時間をかけたオンライン・イベントを展開する。 2020.07.10
ロエベが公式サイト及びインスタグラム上でオンラインイベントを開催
ロエベの 春夏メンズ・コレクション発表にあたり、ロエベは公式インスタグラム及びホームページ上で24時間をかけたオンライン・イベントを展開する。
「FLY TWS」は、あらゆるシーンにマッチするスタイリッシュなデザインと、人間工学に基づいた設計で耳にフィットする快適な装着感を実現した完全ワイヤレスイヤホンである。ハーマンカードンブランド初の完全ワイヤレスイヤホンとして、エレガントな大人に似合うシンプルなデザインとプレミアムなレザー調素材やメタルロゴなどを採用。本体操作には直感的なタッチコントロールを採用し、装着しながらの操作をより簡単に、スマートにする。「Google アシスタント」と「Amazon Alexa」に対応し、便利に使用することが可能である。

また、本体を耳から外さずに隣の人と会話することが可能な「トークスルー機能」を搭載。買い物の会計時など、一時的に会話をするときに便利な機能である。屋外で周囲の環境音を聞き取りやすくする「アンビエントアウェア機能」も搭載しており、車の音や周りの音を聞き取りやすくすることで、安心して音楽を楽しむことができる。シンプルでコンパクトなデザインながら、イヤホン本体と充電ケース合計で最大約20時間の音楽再生が可能。イヤホン本体は防水(IPX5)に対応しているため、汗や雨に濡れても安心して使用できる。さらに、本製品に対応したアプリ「My harman/kardon Headphones」を活用することで、オリジナルイコライザーの作成や「Google アシスタント」、「Amazon Alexa」の選択設定をすることも可能。

「FLY TWS」はスマートな大人のライフスタイルに融合し、いつでもハーマンカードンの高音質サウンドを堪能できる。 2020.06.29
Harman Kardonブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「FLY TWS」
「FLY TWS」は、あらゆるシーンにマッチするスタイリッシュなデザインと、人間工学に基づいた設計で耳にフィットする快適な装着感を実現した完全ワイヤレスイヤホンである。ハーマンカードンブランド初の完全ワイヤレスイヤホンとして、…
 「Sound Air TW-6000」は「すべてにおいてコンパクト。」をキーメッセージに必要な要素だけを絞り込み、コンパクトに仕上げた完全ワイヤレスイヤホンである。イヤホン本体はカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」の監修の下、耳への負担を軽減するミニマム設計で、小さいイヤホンがお好みの方にもフィットしやすい快適な装着感を実現。充電ケースもこだわりのコンパクトサイズで、ミニバッグでお出かけの時もかさばらずストレスフリーに持ち歩ける。
 
 また、わずか10分間の充電で約1時間の再生が可能な「Fast Charge」対応かつ、フル充電時は最大7時間の連続再生が可能で、通勤や通学での使用には十分な再生時間を確保できる。
 カラーは「ペールピンク」と「ペールグレー」の2色展開で、ファッションやメイクに合わせやすいカラーを採用し、アクセサリー感覚でさまざまなライフスタイルに取り入れることが可能。その他、左右のイヤホンが直接スマホに接続する最新の接続技術「TWS Plus」も採用しており、音の途切れにくさも向上している。 2020.06.22
オーディオブランド「GLIDiC」から、“音もカタチもちょうどいい”完全ワイ…
 「Sound Air TW-6000」は「すべてにおいてコンパクト。」をキーメッセージに必要な要素だけを絞り込み、コンパクトに仕上げた完全ワイヤレスイヤホンである。イヤホン本体はカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」の監修の下、耳…
 スペイン、マヨルカ島発のシューズブランド「カンペール」より、アムステルダム発祥の人気スケートブランド「Pop Trading Company(ポップ トレーディング カンパニー)」とのコラボレーションシューズが新登場した。

カンペールは1981年にスポーツの前と後に履くシューズのコンセプト、「BEFORE & AFTER(ビフォア&アフター)」を考案するなど、新しい靴の価値観を提案してきた。
そして、今回2020年SSの「ポップ トレーディング カンパニー」とのコラボレーションでは、2つの異なるシーンで楽しめる新しい”ビフォア&アフター”スタイルが登場した。

1つ目のコンセプト「BEFORE」は、レトロなスケートシューズから着想を得たもので、カンペールの「ランナー XL」モデルがベースとなっている。オリジナルと同じ波状にデザインされたXL EXTRALIGHT®ソールに、アッパーはスェードレザー、内装にはエラスティックを採用し、機能性に富んだハイテク素材などを使用した都会的な雰囲気の漂うユニセックスなシューズだ。

2つ目のコンセプト「AFTER」は、カンペールのチャッカーブーツ「チャシス」をベースに、特別なラバーアウトソールと側面にクレープラバーのフォクシングテープを使用することによってアップデートした、よりリラックスしたアプローチによるスタイル。長いスケーティングの後に履くのに理想的なシューズで、カラーはレッドとホワイトの2色のユニセックスで展開。

カンペール表参道店、代官山店、新宿フラッグス店をはじめとする限定店舗と、公式オンラインストアで取り扱い中だ。 2020.05.30
カンペールよりアムステルダム発祥の人気スケートブランド「Pop Trading C…
 スペイン、マヨルカ島発のシューズブランド「カンペール」より、アムステルダム発祥の人気スケートブランド「Pop Trading Company(ポップ トレーディング カンパニー)」とのコラボレーションシューズが新登場した。 カンペールは…
豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)が展開する、ファッション業界から廃棄食材を再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE(フードテキスタイル)」と、MARK STYLER株式会社(代表取締役社長:秋山正則、渋谷区広尾)が展開するファッションブランド「Ungrid」がコラボレーションしたタンクトップとTシャツが、4月15日(水)よりUngrid各店舗、公式オンラインストアにて販売中だ。

豊島株式会社は、約30年前から環境に配慮した素材を扱い、ファッション業界のサステナビリティの推進に取り組んできたという。FOOD TEXTILEは、豊島株式会社と色の原料を提供する食品関連企業、その生地で商品を展開するコラボレーション企業の3社から成り立つプロジェクト。従来捨てられてしまっていた規格外の食材や、カット野菜の切れ端、コーヒーの出涸らしなどを、食品関連企業や農園から買い取り、食品に含まれる成分から染料を抽出し、染め上げている。
今回コラボレーションしたUngridは女性として生まれてきたことを最大限に楽しみ、カジュアルをベースに自由なファッションをして欲しいという想いを込めて着心地の良さを追求し、TPOに合わせた心地よい日常を過ごせる服を提案している。発売するTシャツとタンクトップの染色には、生活の木、キユーピー、堀内果実園から提供された廃棄予定のエキナセア(ハーブ)、レタス、ブルーベリーから抽出した色を使用している。 2020.05.19
アパレル業界発のフードロス削減プロジェクト “FOOD TEXTILE” 心地よさを…
豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)が展開する、ファッション業界から廃棄食材を再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE(フードテキスタイル)」と、MARK STYLER株式会社(代表取締役社長:秋山正則、渋谷区広尾)…
Photos by Josh Paul Thomas

スペインのシューズブランド・カンペールより、ファッションデザイナーのベルンハルト・ウィルヘルムとのコラボレーションシリーズ「Together with Bernhard Willhelm」の新作アイテムが登場した。

2020年春夏コレクションとして登場した新作として、ジグザグのアウトソールが特徴的な「ヒマラヤン」シリーズをべースに、ソックスとスニーカーを融合させたハイブリッドシューズと、鮮やかなネオンカラーのサマーサンダルがお目見え。前シーズンからさらに発展した2つのコンセプトは必見だ。

1つ目のコンセプトは、前回に引き続き“ソックス”と“スニーカー”を融合したハイブリッドシューズ。ジグザグのアウトソールが特徴的な「ヒマラヤン」シリーズをべースに、ソックスとスニーカーを融合させており、アッパーはエラスティックの糸で編まれた1枚のニットになっている。

2つ目のコンセプトは、夏のストラップサンダルの新デザイン。鮮やかなネオンカラーのグラデーション、バイカラーの市松模様、そしてウィルヘルムらしい手描きのグラフィックを施したサンダルとなっている。アッパー部分には再生PET素材やテクニカルファブリックを使用し、インソールはシープレザーで柔らかで弾力のある履き心地を実現。着物のぼかし染めや市松柄などを思わせるディティールは、長年日本との繋がりが深いウィルヘルムならではの発想だ。

新作アイテムは4月以降順次展開予定。 2020.04.17
カンペール、「Together with Bernhard Willhelm」との新作コラボレーショ…
Photos by Josh Paul Thomas スペインのシューズブランド・カンペールより、ファッションデザイナーのベルンハルト・ウィルヘルムとのコラボレーションシリーズ「Together with Bernhard Willhelm」の新作アイテムが登場した。 20…