トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota
CAR / NEWS
2019年10月18日

トヨタが考える次世代モビリティの提案──二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展|Toyota

TOYOTA|トヨタ

二人乗りの超小型EVを東京モーターショー2019に出展

トヨタは10月17日(木)、東京モーターショーに2020年冬ごろの発売が予定されている超小型EVを出展することを発表した。
Text by YANAKA Tomomi

ビジネス向けで一人乗りの超小型EVや歩行領域EVも登場

東京モーターショー2019のメガウェブ会場で開催される、モビリティの体験型テーマパーク「FUTURE EXPO」に出展されるトヨタの超小型EV。
この車両は二人乗りで、免許取り立ての人や高齢者らが買い物など日常の近距離移動をすることを想定して開発された。トヨタでは消費エネルギーやスペース、騒音など周囲への負荷が小さい次世代モビリティと謳い、1回の充電で約100kmの走行が可能という。

東京モーターショー2019に出展される超小型EV
また、今年6月に発表された超小型EVビジネス向けコンセプトモデルも同じく「FUTURE EXPO」に出展。こちらは一人乗りで、短距離の営業や巡回業務などの業務用として開発され、車内での作業や休憩もできる“移動するmyオフィス”として機能するという。

超小型EVビジネス向けコンセプトモデル
トヨタではこのほかにも東京モーターショーに、超小型3輪EVの「iロード」、立ち乗りやすわり乗り、車いす連結タイプの歩行領域EVを登場させ、有明エリアと青海エリアを結ぶシンボルロード「OPEN ROAD」で実際に試乗することが可能となる。

歩行領域EV
東京モーターショー2019は10月23日(水)、24日(木)にプレスデーを開催。9月25日(金)から11月4日(月・祝)まで一般公開される。
Spec
超小型EV
ボディサイズ|全長2,490×全幅1,290×全高1,550mm
最高速度|60km/h
1充電走行距離|約100km
充電時間|約5時間(200V)

歩行領域EV | すべての人に移動の自由を | Toyota

問い合わせ先

TOYOTAお客様相談センター
0800-700-7700(9:00-18:00)
https://toyota.jp

                      
Photo Gallery