レクサスの電動化ビジョンを象徴するコンセプトカーが東京モーターショー2019でワールドプレミア|Lexus
CAR / NEWS
2019年10月25日

レクサスの電動化ビジョンを象徴するコンセプトカーが東京モーターショー2019でワールドプレミア|Lexus

Lexus LF-30 Electrified|レクサス LF-30 エレクトリファイド

レクサスの電動化ビジョンを象徴するコンセプトカーがワールドプレミア

レクサスは2019年10月23日(水)、東京モーターショー2019のプレスデイで、コンセプトカー「LF-30エレクトリファイド」を世界初披露した。

Text by YANAKA Tomomi

レクサスが考える2030年のクルマ

レクサスの電動化ビジョンを象徴するコンセプトカーとしてティザーのみ公開されていた「LF-30エレクトリファイド」がついにアンベールされた。
今回、同時に発表されたのが、レクサスが発表した電動化ビジョン「レクサス エレクトリファイド」。電動化技術を用い、車両の基本性能を進化させ、自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においてもクルマの楽しさや喜びなどを提供しつづける思想のことだ。電動化技術によって今一度クルマの原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ、未来の高級車の在り方を根本から変えていくとレクサスではしている。

この思想を具現した第一弾となるのが「LF-30エレクトリファイド」で、2030年を見据えた先進技術を数多く採用しているとのこと。
エクステリアは、インホイールモーターを動力とするEVならではの未来的な造形が採用されており、左右一枚ずつ取り付けれた大きく開くガルウイングが特徴。ボンネットのないフォルムを生かし、レクサスのデザインアイコンであるスピンドル形状をボディ全体のアーキテクチャとして進化させているという。

またサイドウィンドウの透過率を自由に変化させることで、景色を楽しめる広い視野とプライバシーを両立。通常の走行モードと自動運転モードを車両の外から識別できるよう、フロントフェイスの色や発光パターンを区別するなど、デザイン性に加え、機能性も追求されている。
インテリアでは、手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係にヒントを得た新コンセプト「Tazuna」に基づくコックピットを設計。ARによる車両情報表示やジェスチャーコントロールなど次世代のインターフェイスが取り入れられている。助手席は航空機のファーストクラスに着想を得たレイアウトとなり、スイッチ類など必要なものすべてが手の届く範囲に配置された。

車両自体も、先進技術を数多く採用し、バッテリーの低床配置による性能の向上や四輪インホイールモーターによる高い運動性能などを実現しているという。さらに、ワイヤレス充電技術を採用し、日々の充電を簡素化したほか、AIエネルギーマネジメントにより、自宅との電力の最適配分や日々のスケジュールにあわせた充電制御などもできるようになるという。
この他にもドローン技術を応用したサポートビークル「レクサス エアポーター」を搭載。玄関からラゲージルームまで荷物を自動運搬するなど、レクサスが考える2030年のクルマの姿が具現されている。

東京モーターショーは10月25日(金)から11月4日(月・祝)まで一般公開される。
Spec
Lexus LF-30 Electrified|レクサス LF-30 エレクトリファイド
ボディサイズ|全長5,090×1,995×全高1,600mm
ホイールベース|3,200mm
重量|2,400kg
最大出力|400kW
最大トルク|700Nm
0-100km/h加速|3.8秒
バッテリー容量|110kWh
航続距離(WLTP)|500km
充電電力|150kW
0-100km/h加速| 3.8秒
最高速度|200km/h

LF-30 Electrified

問い合わせ先

レクサスインフォメーションデスク
Tel.0800-500-5577(9:00-18:00 365日年中無休)
https://lexus.jp/

                      
Photo Gallery