Mountain man(s)|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|Mountain man(s)

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

……リサーチ 小林節正氏に聞く(1)

マウンテンリサーチを手掛ける小林節正氏が生み出した思想家フィギュアシリーズ Mountain man(s)から、代表作『ウォールデン 森の生活』などで知られるヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817 – 1862)が、全高約400mmのPVC製フィギュアで登場。アメリカはもとより日本でも人気が高く、多くの邦訳書が出版されているソローがTシャツと短パン姿で山登りに向かう姿を立体化したアウトドア愛好家垂涎のプロダクトだ。ジェネラルリサーチのデザイナーだった小林氏がその活動を終え、新たに……リサーチプロジェクトを開始したのが2006年。長野県南佐久郡川上村に土地を所有し、自ら製品のテストも兼ねて山暮らしを実践しながら生み出してきたマウンテンリサーチのアイテムたち。そして今回のMountain man(s)には、どのような思いが込められているのだろうか?

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNO Kunihiko

アタマでっかちな思想家をソローが山に連れて行く

――すごいものを作られましたね。

小林 他じゃ絶対あり得ないですよね(笑)。本当はソローの生誕200年となる2017年に出したかったんですけど、結果的にこうしてメディコム・トイさんから発売されることになってよかったなと思います。

――そもそもソローとの最初の出会いは何だったんでしょうか。

小林 マウンテンリサーチは山暮らしの服をメインテーマに始めたんですけれども、その実践のための土地を探しているときに『spectator』編集者の青野利光くんから1980年代半ばに東京から長野県川上村に移住して自給自足の生活を送っている田渕義雄さんという作家の本を紹介されて、非常に影響を受けたんです。

田渕さんは『BE-PAL』の創刊にも携わっていた山暮らしのオーソリティーなんですけれども、文中にたくさんソローの話が出てくるんですね。『ウォールデン 森の生活』ぐらいは聞きかじっていたんですけれども、一体どういう人なんだろうと興味を持って。そこからソローの著作をいろいろ読んで、『ソローの市民的不服従』というエッセイに強く惹かれたんです。要するに、自分とは考えの異なる法律や命令には従わず、非暴力的手段でもって自分の良心にだけ従いましょうということなんだけど、そこには『ウォールデン 森の生活』とは趣の異なるソローの一面があって、すごく魅力的に感じたんです。

ネイチャーライターとしてのソローもいまだに古びませんけれども、アメリカやフランスで起こっている抗議運動の根の深さを見るにつけ、時にヴァイオレンスな手段に訴える彼らのことを自分は必ずしも支持するわけにはいきませんが、そういったことへのカウンターとして機能するという点において、今もなお古びていないのが『市民的不服従』に記されたソローのコンセプトだと思うんです。そこでマウンテンリサーチの服が好きで買ってくれている人たちにも自分なりに調べてもらって何かのきっかけになるといいなと思って、ソローのスローガンや肖像を刷ったTシャツを作るところから始まり、マルクス、レーニン、毛沢東というアタマでっかちな思想家をソローが山に連れて行くという想像上のストーリーが出来上がり、最終的にはMountain man(s) というフィギュアシリーズにつながっていって。

あれはソローを教えてくれた田淵さんの導きによって僕らが森に出かけていった感じと、すごく重なる構図なんです。

――『市民的不服従』の精神はイギリスのバンド CRASS が掲げたアナーコパンクの思想とも通ずるところがありそうですね。

小林 どちらも目指すは”支配するもの無き世界”。要するに“思想なき実践”も意味なければ“実践のない思想”じゃ余計意味がない。この点においても自分にとってはどこまでいっても、ど真ん中はソローなんです。

――マウンテンリサーチで最初にソローの言葉や肖像を入れたアイテムは何だったんですか?

小林 “Never Finished WALDEN”というメッセージが入ったTシャツが最初です。要するに、ツマミ読みはしているけどウォールデンを通して読んだことはありません、と(笑)。決して読みやすい文章じゃないので、途中で飽きちゃうんです。だけどそのまま投げ出すんじゃなく、いつの日か最後まで読んでもらえたらいいな、というメッセージですね。

ソローの文体は、ひけらかすような、いやらしい文体でしょ(笑)? 当時の知識人らしくシェークスピアの引用が出てきたり。啓蒙の時代の人なので自分の知的バックグラウンドを散りばめて啓蒙してくるんです。それから食事は小麦が何グラム、幾らかかったとか細かく書いてある。

メディコム・トイ 小林節正氏

話が逸れちゃいますけど、あれ、すごく『POPEYE』っぽくないですか? 『POPEYE』とか『Made in U.S.A.』を読んだ時の感覚に近い。ウォールデン湖畔の森の中で自給自足の生活をしつつも、結構頻繁に街に戻ったり。ソロー研究者には失礼になるかもですけど、この際ですし、誤解を恐れずに言ってしまうと、「僕からするとソローは“孤高の人”というよりむしろ“カジュアルでアジテーション好きなオジさん”」って、ずっと感じてるんですけどね(笑)。

‘70年代にパンクの連中がかぶれていたレーニンマルクス のようなプロパガンダヒーローが、自分にとってはソローなんですよね。彼らのアナーキーシャツがマルクスのポートレイトなら、僕らの作るシャツはソローのポートレイトになる。自分の中ではそういうタイプのヒーローです。

Page02. これ以上シンプルに戻る場所がない原初のもの