ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの”今”

ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの

CAR FEATURES

Geneva Motor Show 2018|ジュネーブ モーターショー 2018

ジュネーブショー2018リポート1

市販モデルに見る各ブランドの”今”

3月6日にスタートし、18日に幕を閉じたジュネーブモーターショー2018。歴史あるモーターショーであるとともに、地元に大きなメーカーを持たない地の開催ということも相まって、例年非常に国際色豊かな展示で盛り上がりをみせる。現地を訪れた小川フミオ氏によるリポート。前編では、各ブランドの“今”を知ることのできる市販モデルにフォーカスをあてる。

Text & Photographs by OGAWA Fumio

新型がひしめく濃密なショー

2018年で88回を数える歴史あるジュネーブの自動車ショーが3月に開催された。注目すべき点はニューモデルの多さだった。

ジュネーブの自動車ショーの会場は空港の隣り。この立地は長く変わっていない。会場もそれほど大きくないのだが、2018年はとりわけ内容が濃い。

s_002_geneva2018_rp1
s_003_geneva2018_rp1

ニューモデルをみると、大きく分けてSUV、スポーツカー、セダン、ハッチバック、EVとハイブリッドとバラエティに富んでいるのも特徴だ。

メルセデス・ベンツが中でもひときわ気を吐いていた印象が強い。人だかりが減らなかったのが「AMG GT 4ドアクーペ」、メルセデスAMGの「G 63」、それに新型「Aクラス」。これだけすらすらと出てくる。