“セナ”の名を冠した究極のロードカー「マクラーレン セナ」がデビュー|McLaren

“セナ”の名を冠した究極のロードカー「マクラーレン セナ」がデビュー|McLaren

CAR NEWS

McLaren Senna|マクラーレン セナ

“セナ”の名を冠した究極のロードカー「マクラーレン セナ」

マクラーレン・オートモーティブは12月10日、F1ドライバーである故アイルトン・セナの名を冠したサーキット指向の新型ハイパーカー「マクラーレン セナ」を発表した。

Text by HARA Akira

セナの名を冠する理由

「まったく妥協のないレベルにまで自分を高めるのだ。自分の全てを、まさに全てを捧げる」。かつてマクラーレンF1をドライブし、3度のワールドチャンピオンに輝いた故アイルトン・セナのこの言葉を体現した新型「マクラーレン セナ」。開発の目的はただ一つで、「公道でも走れる、マクラーレンの究極のサーキット仕様モデル」というものだ。

マクラーレン セナ(以下セナ)は、マクラーレンのトップレンジであるアルティメット シリーズに属し、その最初のモデル「P1」、次の「P1 GTR」に続く3番目のニューモデルだ。P1が公道とサーキットの両方で最高のドライバーズカーであるようデザインされたのに対し、セナは法的には公道での走行が可能なものの、目指したものはサーキットでの名声であり、そこでの活躍を最優先した機能を搭載したモデルだ。

s_005_maclaren_senna
s_007_maclaren_senna

したがって、日常生活でも多様な使い方のできるスーパーカーというマクラーレンのトレードマークからの方向転換が慎重になされており、ドライバーとクルマの一体感をもっとも純粋な形で実現し、他のロードカーでは味わえない強烈なサーキット エクスペリエンスを与えてくれるという。

「私たち家族は、アルティメットシリーズの新モデルが、“マクラーレン セナ”として名前が冠されることをこの上なく誇りに思っています。アイルトンのレーシングスピリットや業績が繋がるプロジェクトはこれが初めてです。マクラーレン セナは、叔父に敬意を表したものです」と語るのは、アイルトン・セナの甥にあたり、レーシングドライバーかつマクラーレン・アンバサダーを務めるブルーノ・セナ氏だ。