マクラーレン「720S」発表とほぼ同時に日本にも上陸|McLaren

マクラーレン「720S」発表とほぼ同時に日本にも上陸|McLaren

CAR NEWS

McLaren 720S|マクラーレン 720S

日本にもわずか12時間後に上陸

新世代のスーパーシリーズ「720S」デビュー

マクラーレンは、ジュネーブ国際モーターショー 2017で、スーパーシリーズの第2世代となる新型「720S」をワールドプレミアした。そのわずか12時間後には日本でも「720S」を発表。ここでは日本の発表会を中心に、マクラーレンの新世代モデルをお伝えする。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

大幅に向上したパフォーマンス

まずは最も興味が高いであろう、パフォーマンスの話から始めよう。新開発の4リッターV型8気筒ツインターボのM840Tエンジンは、最高出力720ps、最大トルク770Nmを発生。1,419kgのボディを0-100km/hまで2.9秒、200km/hまで7.8秒、300km/hまで21.4秒で到達させる。0-400メートル加速は10.3秒で、最高速は341km/hをマークする。0-200km/h加速で比較をすると、ランボルギーニ「アヴェンタドール」より1秒、フェラーリ「488GTB」よりもコンマ5秒速い結果だ。

McLaren 720S|マクラーレン 720S
McLaren 720S|マクラーレン 720S

このエンジンは、これまでのツインターボ V8 エンジンシリーズの流れを組んでおり、マクラーレン スポーツシリーズに引き続き搭載されている3.8リッターエンジンをベースに41パーセントのパーツが変更された。

720Sはアーキテクチャも変更された。基部となる新しいカーボンファイバー製のタブと上部構造の“モノケージII”を中心とした結果、「650Sと比較し18kgの軽量化に成功している」とマクラーレン オートモーティブ アジアパシフィック リージョナル セールス マネージャーのピーター・セル氏は説明する。