マクラーレン、ジュネーブで次世代モデルの発表を予告|McLaren

マクラーレン、ジュネーブで次世代モデルの発表を予告|McLaren

CAR NEWS

McLaren|マクラーレン

マクラーレン、ジュネーブで次世代モデルの発表を予告

マクラーレン オートモーティブは、スーパーシリーズの第2世代となる新型を、第87回ジュネーブモーターショーの開幕する3月7日に発表することを明らかにした。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

0-200km/h加速は7.8秒

マクラーレンでは、2011年に発表した「12C」と、それに続く「12Cスパイダー」、そして2014年の「650S」「650Sスパイダー」、2015年発表の限定モデル「675LT」「675LTスパイダー」をスーパーシリーズの第1世代と位置づけ、今回発表する新型はこれらに連なる第2世代となる。

エンジンは新開発の4.0リッターV8ツインターボを搭載。M840T型と呼ばれるこのエンジンの出力等は未発表ながら、出力もトルクも増していると説明され、0-200km/h加速は7.8秒を記録する。

McLaren Super Sports 2nd Generation
McLaren Super Sports 2nd Generation

あわせてブレーキも強化、軽量かつ強靭なキャリパーやカーボンセラミックを標準で採用。また、タイヤはピレリと共同開発した専用のPゼロ コルサを履く。

マシンを電子制御するシステムは、センサーを先代よりも12個増やしたプロアクティブ シャシー コントロール(PCC)IIへと進化。また、各ホイールハブには路面からのインプットを読み取ることでタイヤの接地面を測定する加速度計が備わり、このデータをミリ秒単位で解析することでサスペンションの減衰力を常に最適化する。これにより、タイヤのグリップが向上し、ハンドリングの正確さと乗り心地の良さを両立させているとマクラーレンは説明する。

その一方で、ダイナミックなドライビングを楽しみたいドライバーに向けたドリフタビリティも配慮されており、新しい装備となるマクラーレン可変ドリフト コントロールでは、インフォテイメント画面のコントロールをスワイプするだけでスタビリティコントロール(ESC)のレベルを容易に調整することが可能となる。