マクラーレン MP4-12C スパイダー国内試乗|McLaren

マクラーレン MP4-12C スパイダー国内試乗|McLaren

CAR IMPRESSION

McLaren MP4-12C Spider|マクラーレン MP4-12C スパイダー

開放感を手に入れたスーパーカー

マクラーレン MP4-12C スパイダーに試乗

F1チームとして有名なマクラーレンがつくった、公道走行向けのスーパーカー「MP4-12C」。2012年8月には、そのオープン版たる「MP4-12C スパイダー」が発表され、直後の10月には日本国内でも発売となった。山崎氏による海外サーキット試乗記につづき、ついに国内への導入が開始されたこのオープンスポーツを、大谷達也氏が試す。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by NAITO Takahito

ナンセンスな議論だ

マクラーレン「MP4-12Cスパイダー」のボディ剛性がクーペ版とまったく変わらないという話題が巷を賑わせているけれど、実にナンセンスな議論だとおもう。

なぜなら、MP4-12Cのボディは重さ75kgのモノセルと呼ばれるカーボンコンポジット モノコックが主な構造体となっているが、これはキャビンのフロア部分とそれをぐるりと取り囲む高さ20~30cmの壁で構成されるもので、もともと屋根に相当する部分がない。だから、オープンにしてもボディ剛性にほとんど影響を与えないのは当たり前のことなのだ。

いっぽう、量産車の多くが採用するモノコック構造は、タマゴの殻のようにボディ全体をくるりと取り囲むように形作られているから、オープンにしようとおもってその一部を取り去れば、ボディ剛性は当然低下する。

タマゴは、殻が無傷であれば意外なほど丈夫だけれど、その一部を傷つけるとたちまち脆くなるのとおなじこと。もし、オープンにしてもボディ剛性が下がらないようにしようとすれば、それ以外の部分の補強を相当念入りにおこなわなければいけない。

McLaren MP4-12C Spider|マクラーレン MP4-12 スパイダー

言い換えれば、セダンやクーペをベースにオープントップにすれば、剛性低下か重量増加の少なくともいっぽうは絶対に避けられなかったのである。

けれども、最初から屋根のないモノコックを用いるMP4-12Cはオープンにしても剛性は落ちないし、ボディ補強も不要だから車重の増加は40kgとごくわずか。つまり、オトナひとり分も重くなっていないのである。おそらく、これはオープンに必要な機構を追加したことに伴う車重増だろう。