マクラーレン 675LT、その姿をあらわす|McLaren

マクラーレン 675LT、その姿をあらわす|McLaren

CAR NEWS

McLaren 675LT|マクラーレン 675LT

マクラーレン 675LT、その姿をあらわす

現在開催中のジュネーブモーターショーで、マクラーレンは最新作となる「675 LT」を公開。名称にはオマージュを込めて「Long Tail」のイニシャルが与えられた。

Text by TAKEDA Hiromi

F1GPの世界の旗手としてばかりでなく、いまや英国を代表するスーパースポーツカーメーカーとしても知られるようになったマクラーレン オートモーティブはニューモデル「675 LT」の概要を明らかにした。

マクラーレン675 LTは、同社のヒット作「650S」をベースに、本格的なサーキット走行にも対応すべく開発された高性能モデル。フェラーリ「458イタリア」に対する「458スペチアーレ」に相当するような、ハードコアバージョンと見て良いだろう。

McLaren 675LT|マクラーレン 675LT
McLaren 675LT|マクラーレン 675LT

ネーミングの「LT」は「Long Tail」のイニシャル。この名称には、歴史的なオマージュが込められている。同社にとってはマイルストーンとも言うべき伝説のスーパースポーツカー「マクラーレン F1」をベースに開発され、ル・マン24時間レースなどでも活躍した「F1-GTR」にて、1997年から実戦投入されたエボリューション版に採用されていたロングテールを意識した、大型の「アクティブ ロングテール エアブレーキ」が採用されていることに由来するのだ。

マクラーレン側の発表によると、通常のエアブレーキが採用される650Sに対して、「アクティブ ロングテール エアブレーキ」のもたらすダウンフォースは、40パーセント引き上げられているという。

また、マクラーレンF1-GTRがベースモデルから100kgの軽量化をはかっていたという故事に倣って、675LTも650 Sに対して約100kgの軽量化を達成したとのこと。カーボンファイバー製のリップスポイラーに、おなじくカーボン製の追加エアインテーク、チタニウム合金製のツインエグゾーストなど、多くの675LT専用装備は、いずれも軽量化に大きく貢献していることから、ドライ状態の車両重量は1,230kgに抑えられたとされている。