FERRARI 458 ITALIA|史上最強のV8フェラーリ

FERRARI 458 ITALIA|史上最強のV8フェラーリ

CAR

FERRARI 458 ITALIA|フェラーリ 458 イタリア

史上最強のV8フェラーリ

フェラーリは、V8のミッドシップモデルとして高い評価を得ているF430クーペの後継モデル「458イタリア」を発表した。

文=ジラフ

フランクフルトモーターショーで正式デビュー

このモデルは、エンジンをはじめ、エアロダイナミクス、ハンドリングなどのすべてを完全新開発したロードゴーイングカーで、9月15日から開幕されるフランクフルトモーターショーで公開される予定だという。

モデル名となる「458」とは、4.5リッターのV8エンジンを搭載することに由来する。そのエンジンは570psというパワーを発揮し、0-100km/h加速3.4秒、最高速では325km/hという動力性能を誇る。

またこのエンジンは、フェラーリのミッドシップモデルとしては、初の直噴ユニット。正確には4499ccの排気量で、570ps/9000rpmの最高出力、55.1kgm/6000rpmの最大トルクをたたき出す。トルクについては3250rpm以上であれば、つねに最大トルクの80%以上を発生させるという特性も併せもち、低回転域での使い勝手の良さも実現しているという。

また直噴化にすることによって環境性能も向上。欧州複合モード燃費では7.3km/l、CO2排出量は320g/kmを達成している。

トランスミッションには、デュアルクラッチ式7速・2ペダルMTの「F1マチック」を採用。エンジン特性にマッチしたギア比を使うことによってフル加速時においても、スムーズなギアチェンジを可能とさせた。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアにはマルチリンクを採用。ここに電子制御デファレンシャルの「Eデフ」と車輌姿勢制御システム「F1トラック」が組み込まれることによって、快適な乗り心地が確保されるとともに、クイックなステアリングレスポンスと優れたコントロール性を両立させている。

FERRARI 458 ITALIA|フェラーリ 458 イタリア
FERRARI 458 ITALIA|フェラーリ 458 イタリア

パワー・トゥ・ウェイト・レシオは2.42kg/hp

当然ブレーキも進化している。さらに高性能となったABSは反応遅れを防ぐ与圧機能が採用され、その結果100km/hからの制動距離は、わずか32.5mとなっている。

ボディサイズは、全長4527×全幅1937×全高1213mmで、F430クーペと比較すると15mm長く、14mmワイドで、1mm低い。ホイールベースは2650mmで、F430から50mm延長されている。

またシャシーには、アルミ素材やさまざまな合金を採用。これによって車輌重量はF430より70kgも軽い1380kgとなり、パワー・トゥ・ウェイト・レシオは2.42kg/hpを達成する。

スタイリングはピニンファリーナが担当。そのデザインにはF1で培ったノウハウがあますことなく注入され、エアロダイナミクスが大きく向上。フロントノーズに装着される小型ウイングレット、アンダーフロアのフラット化などにより、200km/h走行時には140kgものダウンフォースを発生させるという。

また縦長の個性的なヘッドライト、フロントフェンダーのエアインテーク、3本センター出しのエグゾーストエンドなどで構成される外観も「458イタリア」の特徴だ。

ハイパフォーマンスを徹底的に追及してつくり上げられた「458イタリア」。その他を圧倒するその卓越した走りを目にできる日は近い。

BRAND HISTORY
“カヴァリーノ・ランパンテ”、日本では“跳ね馬”と称されるエンブレムに胸躍らせるファンは少なくない。サーキットではその激しい走りに観衆は熱狂し、ストリートでは端麗なシルエットと甲高いサウンドで人々を魅了するクルマ、それがFERRARI(フェラーリ)だ。F1、市販車のいずれにおいても、スピードを極めるこのブランドは、創業者であるエンツォ・フェラーリの情熱がいまなお強く息づいている。

1898年にイタリアのモデナで生まれたエンツォは、10歳のときボローニャで見たレースに感激し、いつしか自分もレーシングドライバーになろうと思うようになる。一途な思いは着々と実現へ向かい、1920年、エンツォはついにアルファ・ロメオのテストドライバーとなった。そして、同じ年のタルガ・フローリオではアルファのドライバーとして参戦、見事2位の記録を残している。

しかし、やがてエンツォの興味はレーシング・チームを運営することへと移り、1929年にスクーデリア・フェラーリを立ち上げて、アルファのレース活動を引き受けることに。その手腕を発揮するにもかかわらず、1939年にはアルファとの関係は解消され、第二次大戦後の1947年、自前のV12エンジンを積む「フェラーリ125」を引っさげてレース活動を再開。ここからスポーツカーブランドとしてのフェラーリが歩みはじめた。

その後、フェラーリはフィアット傘下に入り、現在はフィアットグループの会長を兼任する社長のルカ・モンテゼーモロのもとで、ブランドの魅力を高め続けている。ラインアップは、V12エンジンを積む「599」と「612スカリエッティ」、V8のミドシップスポーツ「F430」「F430スパイダー」、そして、スポーティさを極めた「430スクーデリア」の5モデルである。