ロングドライブで体感したMP4-12Cの真価|McLaren

ロングドライブで体感したMP4-12Cの真価|McLaren

CAR IMPRESSION

McLaren MP4-12C|マクラーレン MP4-12C

マクラーレンの目指すロードカーとは

ロングドライブで体感したMP4-12Cの真価

「マクラーレンMP4-12C」を国内で試す機会がついに訪れた。インプレッションの場としてわれわれが選んだのは、長野県の志賀高原に近い上林温泉。一般道、高速道、ワインディングを織り交ぜた、片道およそ250kmの道のりだ。ロングドライブで分かったこのクルマの本当の姿とは……大谷達也が試乗レポートする。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

エポックメイキングなクルマたち

マクラーレンのロードカーについて語りはじめると、1冊の本ができあがる。

事実、世界最速のロードカーと謳われた「マクラーレン F1」を生み出したロン・デニスとデザイナーのゴードン・マーレイは、『DRIVING AMBITION』と題する大型本を2000年に刊行している。これはマクラーレン F1がいかにして考案され、開発され、そして数々の記録を生み出したかについての物語。その第1章として、レーシングチームとしてのマクラーレンを設立したブルース・マクラーレンの生涯が取り上げられており、そこにはブルースが1968-1969年につくり上げたロードカー「M6GTプロトタイプ」の写真3葉が掲げられている。

ここを出発点として「マクラーレン F1」が生まれ、「メルセデス・ベンツ SLR」が世に送り出され、そして2011年には「マクラーレン MP4-12C」が産声を上げた。この間だけでも大河ドラマに匹敵する数々の物語が誕生しているのだが、それらをすべて紹介していると、肝心のインプレッションに辿り着かない。だから、ここではマクラーレン・ロードカーの足跡を次の一文で要約させていただくことにする。様々な人々のおもいが詰まったマクラーレン・ロードカーの歴史の新たな1ページを切り開く作品が、ここに紹介するMP4-12Cである、と……

McLaren F1|マクラーレン F1

McLaren F1|マクラーレン F1

Mercedes-Benz SLR|メルセデス・ベンツ SLR

Mercedes-Benz SLR|メルセデス・ベンツ SLR

ディヘドラルドアを開けてこのクルマに乗り込む

いま、私は長野県の志賀高原に近い上林温泉に向けてMP4-12Cを走らせている。都心から250km余り。待ち合わせ場所の新宿で、特徴的なディヘドラルドアを開けてこのクルマに乗り込んだときから、私のこころはずっと穏やかなままである。妙な緊張は強いられないし、背中を押されるようにして精神が高揚することもない。冷静さを保ったまま、この高価なスーパースポーツカーを安全に移動させることだけに神経を集中できる。

なぜか? 理由はいくつもある。まず、前方と左右の視界が良好で、自分の周囲で起きていることが把握しやすい点。特に前方は、自分のつま先が見えるのではとおもえるほど、クルマの直前まで見渡すことができる。おなじく低いウェストラインのおかげで、たとえば交差点を右左折するときでも身を乗り出すような姿勢をとらなくて済む。ミドエンジンのスーパースポーツカーであることを考えれば、高速道路の合流などで必要な斜め後方の視界も悪くないし、ルームミラー越しに見える景色も多少天地に浅いだけで不満は抱かない。おかげで、全長4.5mのクーペボディをしっかりと自分のコントロール下においている実感を味わえる。

どっしりとしているようにさえおもえる直進性の良さ、乗り心地の良さも安心感を強めている。高速道路を100km/hで流すだけなら、ステアリングに片手を添えるだけで真っ直ぐに走りつづける。

路面のわだちで小刻みに進路が乱されることもないし、何かの拍子にいきなりリヤグリップが抜けるのではないかと不安を抱かせる兆候もない。それは、なにより4輪が滑らかに路面に追従している証拠だろう。その必然的な結果として路面から強い突き上げを受けることがなく、乗り心地は快適だ。